「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「謎のプリンス」の見どころは?

<<   作成日時 : 2009/07/24 10:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8




映画「謎のプリンス」を、公開日と翌日2日続けて観てきました!
良かったです。迫力ありましたし、映画ならではのストーリー展開になっていて、原作とはまた違った雰囲気で楽しむことができました。
今日は、私の個人的な見解からここは!と思った映画の見どころをご紹介させていただきます。。。。










ハリー・ポッターと謎のプリンス [DVD]

ユーザレビュー:
シリーズ最終章の1作 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






1) ダーズリーの面々は、どこに?
原書「謎のプリンス」では、「ハリーを迎えに、ダーズリー家にダンブルドアがやってくる」シーンがあるのですが、今回の映画ではものの見事にカットされちゃっています。ダドリー坊主もペチュニアおばさんも、誰も出てきません。
映画では、「気がまぎれるから」と列車であちこち出かけているらしいハリーが、魅力的なマグルのお姉さんと出会い、続いてダンブルドアと出会う場面に変えられています。マグルのお姉さんとデートの約束(?)をする場面では、ハリーがチョウ・チャンとの恋をふっきっていること、次の恋をスタートさせる用意ができていることを表現していて、とてもおもしろいと思いました(*^^*)



2) メリィソート先生って、誰?
この人物の名前、映画で2回も出てきたのですが、勉強不足の私は「誰?」と不思議に思ってしまいました。
1回目は、スラグホーンが口にします。「メリィソート先生の部屋を使わせてくれるなら、ホグワーツ学校に行ってもいいぞ」というセリフです。2回目は、若かりし頃のトム・リドルが「メリィソート先生は、なぜ退職なさったのですか?」(だったと思います)と言うのです。
私のお気に入りのこの1冊で調べてみました。



ハリー・ポッター大事典II ~1巻から7巻までを読むために~
原書房
寺島 久美子

ユーザレビュー:
期待以上の内容でした ...
待っていました〜!フ ...
最高のハリー・ポッタ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ホグワーツの元教師。「闇の魔術に対する防衛術」をおよそ50年間教え、トム・リドル(ヴォルデモート)が卒業した1945年頃に退職した。


第6巻に出てきていたのですね〜〜〜〜。忘れてました(^^;)



3) ジニーの存在感がきわだつ!
なんか、ラストエピソードに向けて慌てて用意した感が否めないのですが、今回の映画、ジニーがあちこちに登場します。ジニー役のボニー・ライト、きれいになりました!
ハリポタといえば、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが美少女としてど〜〜〜んッと前に出てきていましたが、ボニー・ライトもどうしてどうして、なかなかの存在感です。エマとは違う落ち着いた雰囲気があって、原作のジニーにとてもイメージがあっているなと思いました♪



4) ルナも頑張ってる!
ホグワーツ特急でマルフォイにやられ、倒れていたハリーを助けたのは、原作ではトンクスでしたが、映画ではルナ・ラブグッドになっています。彼女もジニーに負けず劣らず、今作品ではかなりの活躍です。ハリーの折れた鼻まで治してしまうのですから、すごい。



5) ハリーは、キャプテンです
原作ほど丁寧に説明されていないので、あれ?と思われる方も多いかも。ハリーは6年生になっていて、クイディッチのキャプテンになっています。新メンバーの選抜テストの際は、ジニーがハリーの後ろにでんと立ち、騒々しい部員を諌めていました。副キャプテン、なんですね。



続きは、また次回.....。










Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)
Arthur a Levine
J. K. Rowling

ユーザレビュー:
原書をCDで聞けるよ ...
ラスト前の・・・最終 ...
シリーズ最高傑作(私 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いいなぁ!!
近くに映画館が無いのでDVDの販売を一日千秋で待っています。
本と同様に手元に置きたい感じなんです。
ってちょっと強がり。
知りたい。見たい。
原作との違いを和訳同様に待ってますね。
Emiさんお忙しいでしょうが ガンバ!!です。
みっちゃん
2009/07/24 20:36
ダーズリー一家が出てこなかったり、町でナンパ(?)してたり ってあまり原作のイメージを壊して欲しくないなぁ と言うのがEmiさんの報告を見て思った第1印象かな。
ルナがハリーを助けたり、前半のジニーの存在感が大きかったりと言うのもちょっとなぁ。
ハリーのジニーに対する気持ちは徐々に膨らんでいくから良いのに、しかも最初の頃は本人はそうとは気付かないくらい小さかったんだから。

う〜む、ますます自分の目で見たくなってきましたよぉ
けんにぃ
2009/07/25 00:42
みっちゃんさん、こんにちは!
私もDVD買いますよ。手元におきたいです。
Emi
2009/07/26 12:04
けんにぃさん、映画は原作と違って当然と思って観賞するしかなさそうです(^^;) おもしろかったですよ、ホントに。私は気に入りました!
Emi
2009/07/26 12:05
僕はやはりネビルのセリフが少なくてびっくりしましたよ。原作ではもっとあった?様な気が・・・・
ネビルには死の秘宝があるので今回は控えめなのでしょうか。
ルーナは今回も活躍しましたねー。ちなみにファンレターはルーナさん宛てですよぉ♪
カクタス・ジャック
2009/07/26 20:51
カクタス・ジャックさん、私も同感です!
ネビルの出番、本当に少なかったですね。ルナの登場回数と比較すると、可哀想なくらい出番がなかったです。ファンレター、ルナ宛てだったんですね〜〜〜!
Emi
2009/07/27 10:39
お久しぶりです。私も早速観てきました。
そりゃあね。原作を読んでる身にとっては辛いものがあります。ジニーとハリーのロマンスをもうちょっとじっくりとと思ったり最後の塔のシーンもあれじゃあハリーの立場が・・・なんて思ったり・・・
でも伏線はカットできないしお話しは進めないといけないし・・・ですよね。いつも思いますが。

映画としての映像美は素晴らしいですね。それにトムリドル役はいかにも優等生ぶりっ子の感じが良く出てました。スラグホーン先生もいい味出してましたし。
スネイプがあんまり悪役らしく感じなかったのはメイクのせいかしら?演出のせいかしら?結末を知ってるからかしら?
まめ
2009/07/29 00:47
まめさん、お久しぶりです。
原作とは違いますね、あちこち。でも、自分がもし映画化するとしたら、....きっとギブアップしそう。それくらい、省略するって難しいですよ!伏線も無理やりっぽかったりしましたが、仕方ないですね(^^;)

スネイプについては、きっとまめさんが真実をご存知だったからでは!!
Emi
2009/07/29 14:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「謎のプリンス」の見どころは? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる