「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハリー・ポッターと賢者の石」 〜Chapter 2〜

<<   作成日時 : 2008/09/19 21:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4



さぁ、今日もさっそく英語のセリフをディクテーションしてみたいと思います♪
これって英語の勉強になりますよ、オススメです。



ハリー・ポッターと賢者の石 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ
2002-05-15

ユーザレビュー:
イメージ崩壊!この物 ...
気楽に楽しめます ホ ...
そんなにいい? 「大 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





チャプター2

ハリーが、ダーズリー家でどのような扱いを受けているかがわかります。
従兄弟ダドリーの誕生日、朝食をつくらされているハリーがかわいそう....。




ペチュニア : Why don't you just cook breakfast? And try not to burn anything!

ハリー : Yes, Aunt Petunia.

ペチュニア : I want everything to be perfect for my Dudley's special day.

バーノン : Hurry up! Bring my coffee, boy!

ハリー : Yes, Uncle Vernon.




下線部分の "Why don't you" は、DVDの英語字幕にはありませんでした。
"Why don't you...?" から始まる表現って、ちょっと丁寧な言い回しかと思っていたのに、ペチュニアおばさんの口調からすると、
「(ぼおっとしてないで)朝ごはんでも作ったらどうなのよ!」って感じですよね...。


ダドリーの誕生日ということで、ダーズリー家はそろって動物園に出かけることになりました。
原作では、ダドリーの友達の Piers っていう少年も母親と一緒に参加してました。これがまた、ダドリーと気が合うだけあって、すんごくイヤな奴なんであります。
このイジメっ子のほかにも、映画には出てこなかった登場人物がいます。
わかりますか?
ダーズリー家が動物園に出かけている間、実はあの「フィッグばあさん」のところに、ハリーは1日預けられることになっていたんです。あのフィッグばあさん、ですよ〜〜〜。ダンブルドアからの命を受けて、ハリーを見守っていたスクイブのおばあさんです。こんな最初の最初でさりげなく登場していたなんて。キャベツくさいフィッグばあさんの家に行かずにすむことになり、大喜びのハリーだったのですが、爬虫類館で....。




ハリー : Can you hear me? It's just, I've never talked to a snake before.





なんて、ヘビと会話を交わすことになり、ダドリーが大変な目にあったのでした。
ハリーのセリフにある Can you hear me? は、
「ボクの声が聞こえてるの?」
「ボクの言葉がわかるの?」
の意。
日本語で「聞く」というのが、hear で、「聴く」というのが listenにあたるという、この2つの単語の違いを知ったとき、宝物を見つけでもしたかのように感動したのを覚えてるなぁ(遠い目をする)。
このチャプター2は、とてもよくできていると思います。
原作をぎゅっと凝縮したうえで、必要な情報をきちんと盛り込んであるのには感心しました。
さあ、チャプター3に突入です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと前に、「子育て〜」の方でコメントしました。ななと申します・・・
ハリポタで英語・・いいですね〜私も少し自分のブログでやってましたが、今はDUOで精一杯かな・・・
時々覗かせていただいてます・・・これからもよろしく・・・
なな
2008/09/20 07:51
フィッグばあさんは5巻の映画で出てきましたが原作を知らない方には誰だかわからなかったようなので(だと思います)どこかの巻でちょっとでもお顔を出しておいた方が良かったような気がします。
5巻でクリーチャーを少しでも見せておいたように・・・2巻のドビーも監督はカットのつもりだったらしいけどローリングさんが「絶対入れて!」って言って入ったらしいです。そりゃそうですよね。ドビーをカットされてはたまりませんよ。
まめ
2008/09/21 11:59
ななさん、こんにちは! コメント、ありがとうございます! DUOを続けていらっしゃるのですね! 私はとんと...ご無沙汰でいけません。
これからも、よろしくお願いします。
Emi
2008/09/22 17:21
まめさん、フィッグばあさんは確か、「出しておくべきだったのでは」と後で話題になった人でしたね。本を読んでいる人といない人とでは、理解の深さがぜんぜん違いますもの。「不死鳥の騎士団」の映画では、なんか急に割り込んできた感じでしたものね!
Emi
2008/09/22 17:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ハリー・ポッターと賢者の石」 〜Chapter 2〜 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる