「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリーは父親似? それとも母親似!?

<<   作成日時 : 2008/02/25 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



思いついたときに、思いついたまま書いていきます「Harry Potter」 のトリビア記事です。今日は、ジェームス・ポッターとリリー・ポッターの息子であるハリーが、いったいどちらにより似ているのかという(そんなのどうでもええやん....なんて言わないでね)謎解きです。




Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
J.K.Rowling (2007/07/21)
Arthur a Levine

この商品の詳細を見る









【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】


















ハリポタ必読のサイトマグルガイドに、こんな記述がありました。




In Harry Potter and the Deathly Hallows, in Snape's memories, we hear Snape saying, "He is his father all over again", to which Dumbledore replies, "In looks, perhaps, but his deepest nature is much more like his mother's." Harry has focused on his father's nature, largely ignoring his mother's personality, possibly in part because everyone comments on how extraordinarily like his father he looks. It is certainly true that Snape has trouble getting past the issue of appearance. It is apparent that Harry has not recognized that his gentle nature and consideration for others at age 15, reflects Lily, rather than James.


こんな風に訳してみました。
「ハリー・ポッターと死の秘宝」のなかに、スネイプの記憶をたどる場面があります。スネイプはこう言っていました。
「あいつは父親にそっくりだ」 
それに答えてダンブルドアは、
「見た目はのう。そうかもしれん。じゃが、心根は母親にそっくりじゃ」
ハリーは父親似であるというところに焦点があてられてきました。母親の個性については特に注目されなかったのです。その理由はおそらく、ハリーが父親に驚くほどよく似ていると、みなが口をそろえて言っていたからでしょう。スネイプが、(憎いジェームズを彷彿させる)ハリーの外見を無視できなかったのは確かな事実です。優しい性格、15歳にして他人を思いやるハリーの性格は、ジェームズから受け継いだものというより、むしろリリーによってもたらされたものであるということに、ハリー自身も気づいていないのは明らかです。


1) all over again ... 〜にそっくり
2) apparent ... 明らかな





下手っぴな日本語訳でスミマセン。
意訳している部分も多いので、ぜひ原文をご覧になってくださいね。
でも確かに、ハリポタ全7巻をとおして、いつも友達のことを思いやってきたハリーの性格は、(何も悪さをしていなかった)スネイプのズボンをさげて大喜びしていたあのジェームズとは比較にならないほど、優しくて慈愛に満ちています。ジェームズの行為を見てガッカリしたハリーの心は、同じく「やめなさいよッ」と止めに入ったリリーの心に、ぴったりと重なりますよね。



だからこそ。




スネイプは、ハリーを守り続けていたのです。
切ないぞ、スネイプ!





参加しています♪

  













Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいとこ突きますね〜。Emiさん。
私もこのダンブルドアのセリフを読んだ時「あっ!」と思いました。
5巻まではハリーの顔がジェームズに似ていて、緑の目だけがリリー似だと何回も出てくるのでまるでハリーの勇敢で優しい性格もジェームズ似だと錯覚を起こしていました。
だから6巻でのあの場面ではハリーと同様にショックだったのを思い出します。これもローリングさんの作戦だよね、きっと。

で、スネイプですけど私はハリーの真の心まではわかっていなかったような気がします。ただリリーの忘れ形見だという理由だけで緑の目を救いに守っていたと思います。最後までハリーのことは好きになれなかったような気がするのです。
まめ
2008/02/25 22:06
まめさん、ありがとうございます。
でも、私はまめさんの見解に「うん、うん」とうなずきました。スネイプには、ハリーの外見しか見えていなかった。これは確かにそうなんだろうと思います。私は、ほんの少しでもいいから、ハリーの心にリリーの心があることを見て欲しかったのだけれど、スネイプは相当ジェイムズのことを嫌っていたのですね...。最後まで好きになれなかったハリー。だからこそ、最後のスネイプの行動が「すごい」ものになるのかもしれません。
Emi
2008/02/27 16:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハリーは父親似? それとも母親似!? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる