「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ハリポタ」ネタバレ記事は違法?

<<   作成日時 : 2007/10/31 09:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 38



画像

             【写真:Sawf News Connectの記事から





ちょっと(......というより、かなり)気になるニュースを見つけてしまいました。2007年8月11日付けのSawf News Connectの英文記事です。


French teen not to be sued for pirate Potter translation

A French high-school student who posted a rogue French-language translation of the latest Harry Potter book on the Internet will not be sued, the French publisher involved said Saturday.


1) be sued ... 訴えられる
2) pirate ... 海賊版
3) rogue ... ごろつき、ならず者、いたずらっ子、浮浪者

こんな風に訳してみました。
最新作ハリー・ポッターをフランス語に翻訳してネット公開していたフランスの高校生は、訴えられずにすむ模様。土曜日、フランスの出版社が発表した。


この話題、恥ずかしながら知りませんでした。驚くべきことに、このフランスの男子学生、36章+エピローグという長〜い最新作の翻訳を、出版されて数日のうちにネット公開していたというのです。しかも、その出来はなかなかのものだったとか。
若い彼は、もちろん営利目的でネット公開していたわけではなく、おそらく今の私がそうであるように、
・英語で読んでみたい。
・どこまで原書で理解できるか、訳してみたい。
・最新作のハリポタを、少しでも早く、少しでも多くのファンと楽しみたい。

と思い、寝る間も惜しんで翻訳し続けていたのだと思うのですが.......。




ここで、あら?と思うことが......................。














私のこのブログは、私が書いてる記事は大丈夫なのかしら???











ハリー・ポッターの英文を、翻訳本みたいに一言一句もらさず訳しているわけではありませんが、セリフの部分など、これまで実況中継と称してご紹介したりしてきています。私の場合も、もちろん営利目的でも売名行為でもなんでもなく、純粋にハリポタを楽しんでいるだけなのですが、怖〜〜〜〜い。
ネタバレ記事って、違法になっちゃうの????

フランスの若者が書いたサイトは、すでに閉鎖されているそうです。
このブログを止めなさいと言われたら、数年は落ち込んでしまいそう。



著作権の問題は、とっても定義がややこしい部分があるのですが、私個人の意見として、要は「その作品の製作者が、不快な思いをするかどうか」で判断できるように思います。
私のこのブログを、ローリングさんは不快に感じられるだろうか....。
私の変な日本語訳を見て、松岡佑子さんは気分を害されるだろうか....。
余計な気苦労かもしれない、でも犯罪という言葉がちらつくと、いろいろ考えてしまいます。


英文の出所をはっきりさせる意味で、私がこれまで書いてきたネタバレ記事の冒頭には、必ず「ハリー・ポッター」購入サイトのリンク先(アマゾン)を添付するようにしてきました。だけど、私が書いた記事のせいで、ハリポタ最新刊の日本語版の売り上げに影響が出るようでは......まぁそんな突拍子もないようなことはありえないですが、もし万が一そんなことにでもなったら、申し訳ありません。............でも、もしかしたら、私の変な日本語訳のせいで、松岡さんの日本語版を購入してチェックしてみようと思う読者の方もいらっしゃるかもしれないですね。(^^;) 考えようによっては、このブログがPRになっているかも(そんなことない?)。




結局のところ、ハリポタを自分1人だけで楽しむことにして、きっぱりさっぱりブログ公開するのをやめればいいことなんですけどね.....。でも、こうしてオンラインでつながっていることで、より多くのハリポタファン・英語好きさんからコメントをいただけるのも嬉しいし。自分の位置づけに、今とっても悩んでいます。




ひとつ、これだけはハッキリと。


このブログは、英語学習を目的とした非営利サイトです。
ハリー・ポッターの著作権は、執筆者であるローリングさん、日本語版翻訳家の松岡佑子さんにあります。ただし、このブログに書き記した私個人の文章に関する著作権は、ブログ管理人である私 Emi が所有することとさせていただきます。



楽しいからとはじめたブログですが、人の気持ちを害してまで続けていく気はありません。これからも著作権についての情報を調べながら、慎重に記事を書いていきたいと思います.....。
勉強不足の私にアドバイスなどありましたら、どうぞ遠慮なくお願いします。




参加しています♪

  






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
Emi様はじめまして。
夏にこのブログと出会って以来 ほとんど毎日、更新を楽しみに覗かせていただいてます。

とても心配な記事ですよね。
お気持ちお察しします・・。

英語力には全く自信の無い私ですが、つい最近米版「賢者の石」を購入し、1から勉強し直しています。 Emi様の翻訳は大変魅力的で、
「私も言語で読んでみたい!」という気持ちにさせられます(^▽^*)b

Emi様同様 家事育児中の主婦としては、ぜひこれからもがんばって翻訳ブログを続けていただきたいと 心から願っています。。。
milk
2007/10/31 11:53
milkさん、お言葉が嬉しいです....。著作権の問題って線引きが難しいところがあるんですね。英語でも文学でも、人の真似をしなければ、なんでも上達できないものだけれど、メソッドを自分のものにしてしまってはいけないとか、引用はいいけれど、人の言葉を借りてはいけないとか、ホントややこしいです。
私も、このブログはずっと続けたいです。
1巻からの記事を書くの、とっても楽しみにしているんですもん.....(--)
Emi
2007/10/31 15:37
いつも楽しみに拝見させて頂いております
著作権難しい問題ですが
私的には本の発売方法に問題があるのでは・・?って思っています
最初はここまで世界的に有名になるとは思われてなっかたかもしれません
ここまで世界的になったのなら
各国母国語の出版も同時にすれば良かったのです
そうすれば、著者の方が思っているような
海賊版ってある程度は防げたのでは・・・?
片手落ちで片方だけ責めるのはおかしいかと・・・
長々とごめんなさい
このブログはとても真摯に本に向かっていると思います
拝見させていただいていて
日本語版購入しないわけではないし
これからもぜひ続けて行って下さい
小夜
2007/10/31 18:36
Emiさん、私はEmiさんのおかげで英語版に挑戦しようと思えた一人です!日本語版はもちろん楽しみだけれど、松岡さんとは違う訳し方やEmiさんのコメントも大好きです!!
なにより、中学高校と積み木を崩しまくっていた私が(古い・・・)パソコンを見ながらノートを広げちゃってるんですよ?自身持ってください!Emiさんのブログは、私みたいに英語は全くできない(わかろうとしない)人にも英文で読んで見たいと思わせる魅力がたくさんあります!!!賢者の石、約束ですよね?ブログって誰かのために作るものじゃなくて、個人の自由なんですよね。子供達が寝静まった後にここにお邪魔するのが私の一番の楽しみであり、すごく充実した時間です。Emiさんとお話できなくなるなんて考えたくないから・・・。
やめるなんて言わないでね(T_T)
ぴよぴよ
2007/10/31 21:48
Emi様、はじめまして。
基本的に、セーフだと思います。理由Emiさんが営利目的ではないから。
税金面から見た問題提議。
著作権と税金問題は本質的に違うかも知れませんが、野口悠紀雄先生の「モノづくり幻想が日本経済をだめにする(ダイヤモンド社)P-200参照」によると”翻訳家の税回避行動”として、ハリー日本語訳者・松岡佑子氏が国税庁から35億円を超える申告漏れを指摘されたそうです。(「朝日新聞」2006年7月26日付朝刊)。
簡単にいうと松岡氏の節税対策(スイス居住)も国税庁から見ると、税金面ではグレーゾーンになるということです。
仮に、Emiさんが松岡氏から、訴えられたとしても、今度は松岡氏が国税庁から、”(訴えるぐらい)儲かっているなら、日本で納税してください”と指摘されるだけだと思います。
著作権も税金も”要はお金の問題”なのでちょっと生臭い意見になりますが、お役に立てればと思います。
日本語版ハリー7巻、購読しましょうね。 





ハーロック
2007/10/31 22:41
EmiさんのこのBlogは、言ってみれば「あらすじ」であって、本文そのままの翻訳では無いですよね。翻訳してたら、1章がもっともっと縦長のページになっちゃうし(笑)
文章の一部(3つのキー英文)を引用しての「あらすじ」の紹介と言った具合ですから、まったく問題ないんじゃないかな。
逆に、まったく知らない人が見たら、Emiさんが行間にしまいこんでいる「既読の方なら通じる」所を知りたくなり、本を買いたくなるのではないでしょうかね。
訴えられるよりも、感謝されるかも!
なんてね。

さぁ、これからは怒涛のラストです。みなさん(特に結末を読んでない方)覚悟ですぞ!

ハンカチ&ティッシュが、必須です。
けんにぃ
2007/10/31 23:11
Emiさん、はじめましてですm(_ _)m
いつも来ていましたがコメントは控えてました。今回の記事でEmiさんの心中を思いお邪魔してしまいました。最終巻は絶対原書でッと張り切って購入しました。当たり前ですがびっしりの英文を見てなんて無謀だったのかと愕然としました。6巻までは日本語版で内容を把握していたので文章の流れは掴めるのですが人の感情や言葉の微妙な意味合いが伝わらず奥深さが半減したまま拙い内容だけが自分にネタバレしてしまうと恐れていた時にEmiさんのブログに出会いました。うれしかったです(^^)本当にありがたいと思いました。私は自分で訳した後、章ごとに答え合わせするつもりで「Emiさんならここはどう訳してるだろう...」と開けて見るのがもったいないくらい楽しみなんです。英語が楽しい!と思いました。Emiさんの文章から読みとれる人柄やコメントしてらっしゃるみなさんが温かくてうれしくなってきます。こんなに参考になるブログなんです。是非続けてほしいと切に願ってます。また控えめに、だけど心から応援しています。
miki
2007/11/01 00:28
小夜さん! ありがとうございます! 著作権の問題では、いろいろ調べたこともあったのですが、イマイチよく理解できていません(^^;) このブログはセーフかアウトか、専門家の意見を聞きたくもあり、怖ろしくもあり....。ただ、自分の未熟さはきちんと明記した上で、ハリポタの生みの親であるローリングさんの偉大さを忘れることなく、ぼちぼち記事を書いていけたら大丈夫かななんて思っています。
励ましてくださって、ありがとうございます!
しばらく状況を見ながら、記事も書いていきますね。
Emi
2007/11/01 14:12
ぴよぴよさん、私もぴよぴよさんとお話できる場がなくなってしまうのは寂しいです〜。積み木、崩してたんですか!? 渡辺典子主演の映画は私も見ました(--;) ぴよぴよさんが、ノートを広げて....そんな姿を想像したら、こりゃあ「賢者の石」にいくしかないでしょう!! 情報のアンテナをはりながら、記事は継続的に書いていこうかなと思っています。
どんどん遊びに来てくださいね(^^)y
Emi
2007/11/01 14:16
ハーロックさん、ありがとうございます! こうした、ある事実をもとにアドバイスしていただけると「ホッ」とします。なにせ勉強不足でいけません。箱入り主婦なもので....(--;) それは言い訳ですが。
著作権がお金にからむから、これほど取り沙汰されるんですよね。非営利だからと思っていても、この著作権が「名誉」にも関わるものじゃないかと思って不安でした。私ももう少しいろいろ調べてみます。またアドバイスいただけますか??? よろしくお願いいたします!

Emi
2007/11/01 14:19
さすが、コメントでのお付き合いが長いけんにぃさん! 「行間にしまいこんでいる「既読の方なら通じる」所を知りたくなり、本を買いたくなる」というのが、私の狙いでもあるのですよ〜〜。それで、もっともっといろんな人に原書を読んでもらって、あ〜でもないこ〜でもないと井戸端会議がしたいのです。
このブログ、セーフだとお思いになります?
訴えられちゃったら、弁護人になってくださいね(冗)。
Emi
2007/11/01 14:26
mikiさん、ありがとうございます! 親しかった職場の後輩の女の子と、おんなじ名前です。親近感、覚えてます(^^)
章ごとに答え合わせするつもりで...というmikiさんの学習法、ブログの管理人としてこんなに嬉しいことはありません。開けて見るのがもったいないくらい楽しみだなんて、きゃ〜最高にHappyです。英語は楽しいんですよ! 洋書で読む物語は、もっとエキサイティングです! 一緒に勉強していきましょう。大好きなハリポタで。これからもよろしく願いいたします♪
Emi
2007/11/01 14:29
法律のことはよく知りませんが、このブログは大丈夫でしょう。最近話題になっていた例では、図書館などでの読み聞かせ会の場合、報酬さえなければ一般的に許諾を求める必要もなく問題ないと記憶にあります。逆の例では、学習ドリルの引用では、営利目的であれば、たとえわずかな部分の引用であっても、厳しく追求される場合があるようですね。このブログの場合、営利目的ではないこと、ごく一部分の引用なのでまず大丈夫でしょう。でもやっぱり、誰かが逮捕されたとかいう話がでるときになりますよね。素人の話では安心できないとも思いますが、みんなが大丈夫だといっていれば、出版社の人も荒立てたことはまずしないでしょう。結局は、私達一人一人が本を買うお客様なんだから。あまり励ましにならなかったかも知れませんが、これからも頑張ってください。
ぶくぶくカエル
2007/11/01 17:13
Emiさん、こんにちは〜
いつも、楽しく拝見しています、が・・・
実はネタバレ部分は読んでないんですm(_)m
今はまだまだ読めるレベルではないのですが
原書も購入済みで、いつか自力で読みたいので
それまで、おあずけです。
いつか、Emiさんのように読める日を目指して
勉強に励む毎日です。

それにしても、このニュースは私も初耳でした・・・汗
ネタバレって結構盛ん(?)ですよね。。。笑
Emiさんの言うとおり、このフランス少年だって
儲けようなんて気持ではなかったと思います!
著作権の線引きは素人には分かりにくいし、
難しいですよねぇ。。。
なんとなくですが、フランス少年も非営利だったから無罪放免(?)なんですよね。きっと。
そうすると、Emiさんのブログも大丈夫ですね!
これからもステキなブログを楽しみにしていますので、是非とも頑張ってくださいね!
ドリトル
2007/11/01 18:35
Emiさんこんばんは。
この著作権の問題について、私はけんにいさんと同意見です。
私たちは営利目的でここに会しているわけではありません。
むしろ、このブログを読んでいると、日本語版がますます待ち遠しくなり、英語版もさらに深く読み込みたいと、より作品の魅力を感じているのですから、作者のローリングさんがこのブログを不快に思う理由がないと思います。

元気を出して、ブログ書いてくださいね。
grapefruit
2007/11/01 21:50
フランスの少年は海賊版だと評価されて、ブログを閉鎖されたんですよね?

出版社は、その作品の翻訳権を作者から買って翻訳し、(その契約内容は様々でしょうが)販売したことによる利益を得る権利を得る。

というのが契約のストーリーではないかと思いますので、翻訳版の利益を損なうような出版物を出して利益を得たり、それに相当する内容のもの(完全翻訳)を無料で配布したりすると海賊版と評価されたりして、訴えられるのではないかと思います。
(素人推量です。すみません)


その方向で考えてもEmiさんのブログは翻訳版に相応する内容では無く訴えられない、と私は思います。

…老婆心とは思いつつ…
上記の写真の方は、元サイト(ニュースサイト)に承諾を得て使われているでしょうか?
こんな小さなことでも、もしもトラブルに巻き込まれてEmiさんが力落としされては、私も困りますので(ブログが読めなくなっちゃう!)、ただ念のために確認しています。

もし、問題ない手法で使用されていたら、失礼を深くお詫びします。
問題があればこのコメントは削除してもらって構いません(悪しからず)
grapefruit
2007/11/01 22:17
日本の知的財産権には
工業所有権【産業財産権】(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、4つ)と著作権があります。
今回の場合、J・KローリングさんがEmiさんのブログに対し著作権を主張してくるかどうかだと思います。
ハリー・ポッターシリーズは、ローリングさんの才能とクリエイティブな創作活動に対する評価と同時にローリングさんのサクセスストーリーに夢があるのです。
バツ1、子持ちの女性が、生活保護を受けながらロンドンのカフェで一生懸命創り上げたファンタジー。その作品は、全世界で愛され、ハリウッドシステムに乗り個人資産500億円以上を手にしたイギリス人だけどアメリカンドリームを実現し、皆が憧れる生活を手にしたスーパーレディの物語。
もし、ローリングさんがEmiさんの本ブログを見て(発見して)著作権を主張してきたらそれに従うのがルールですね。何も言ってこなければ、続けても大丈夫だと思います。
見方を変えれば、本のブログはハリー7巻を無料で宣伝・販売促進(アフィリエイト効果)になるのでむしろローリングさんの資産形成に一役買っていることになると思います。Emiさんがんばれ!
ハーロック
2007/11/01 23:26
但し、ローリングさんが
マイクロソフトのビル・ゲイツさんのタイプなら完全にアウトつぶされます。
御存じビル・ゲイツさん(13年連続世界一金持ち、個人資産5兆円以上)は商売柄ソフト命、海賊版撲滅キャンペーンの旗頭です。ゲイツさんはマイクロソフトの創業期の頃、自社製品のBasicプログラムを無断でコピーし使用していた人達に対し“泥棒”呼ばわりして裁判をおこしています。
当時若干20歳前後の青年社長が自分より10も20も年上の方にケンカを仕掛けてしまうのですから、商売に対して物凄い競争力の持ち主です。
ちなみに今でもマイクロソフトは海賊版に対し目を光らせていますので怖いですよ。
ビル・ゲイツさんの話は極端ですが、著作者で500億円以上、日本訳者で35億円以上、全世界で数千億円以上のいう経済効果は、庶民には実感しにくい世界ですけど現実です。
Emiさん、決して脅かすつもりはありませんが、これが著作権ビジネスの世界です。
私、ハーロックはEmiさんの応援団です。
厳しい意見でごめんなさい。
Emiさんがんばれ!
ハーロック
2007/11/01 23:30
本田技研工業の場合。
今期も世界市場で売り上げ好調のHONDAですが、中国をはじめとするアジア圏におけるHONDAのコピー車対策に懸命です。
コピー車と知らずにHONDAを信じて購入してくれたお客様が万が一事故にあったら大変です。
HONDAブランドに傷がつきます。信用が落ちてしまいます。違反者を何とかしなくてはいけません。
そこでHONDAが打った手とは、何とコピー車を販売していた違反者と正規の販売ライセンス契約を結び、違反者を仲間に引き込みHONDAの味方してしまいました。つまり、安全性や品質を確保できないコピー車を販売されて事故でもおこされるよりは、正規のHONDA車に乗ってもらい安全性と品質という信頼のHONDAブランドを守った方が良いと判断したわけです。
知的財産権(工業所有権、著作権)対策はマイクロソフトの強硬策もあれやHONDAのように柔和策も有り、国や企業によってさまざまです。
本ブログもローリングさんや松岡さんの考え方しだいです。Emiさん、私の浅薄な法律知識で申しわけありません。少しでもお役に立てればと思います。Emiさんがんばれ!
ハーロック
2007/11/01 23:36
提案:柔和策の申し込み
もし、ローリングさん、松岡さんから本ブログに対し、配信停止の指摘があったなら、HONDAのコピー車対策を参考に柔和策をEmiさんから申し込んでみてはいかがでしょうか。つまり、仲間に入れてもらい正式にブログを公認してもらうように交渉するのです。(交渉は、グローバルビジネスの基本です。)
具体的には、今後発売される日本語版ハリー7巻をはじめとし、映画6,7 DVD5,6,7、キャラクターグッズ等の全商品を無料で宣伝、販売促進を全面的に協力するので本ブログを認めてほしいとお願いしてみるのです。何よりも、“ハリー・ポッターシリーズを愛しています。”とローリングさんと松岡さんに嘆願してみるのです。Emiさんの情熱と愛情が伝われば道が開けるかも知れません。但し、先方から何も言ってこなければEmiさんからは何も言わずに本ブログを完成させればいいのです。いいですね。Emiさんからは、わざわざ何か言って<藪を突いて蛇(ナギニ?)を出す>真似はしなくていいのですよ。以上がもしもの時の私の提案です。ん!蛇?ナギニ?ネビルの男気が炸裂!これからですよEmiさん
ハーロック
2007/11/02 02:04
はじめまして。僕はここのブログのおかげでローリングさんの原書に挑戦することができました。Emiさんと二人三脚で楽しむことができました。100%読みこなせなくても、辞書引きながら、ゆっくり楽しんでいけばいいんだっていう勇気をもらうことができました。
ちょっとコメントとしては変かもしれないけれど、ありがとうって言いたいです。(^0^)
よし
2007/11/02 09:40
ぶくぶくカエルさん、ありがとうございます。やっぱりお金がからむと...というポイントを忘れないようにすることが大事ですね(--;) 名誉もそうだけど、結局は営利か非営利か、営業かボランティアかで区別できそうな気がします。
ありがとうございます!
気をつけます!
Emi
2007/11/02 10:55
そうでした、そうでした! ドリトルさんはネタバレ記事はまだご覧になっていなかったですね! たくさんの方からアドバイスをいただいて、ちょっとは『大丈夫かも』という気持ちになっています。さっそく昨日は記事を書くためにハリポタを読み直しました。ネタバレ記事以外の記事も書いていきますね!
Emi
2007/11/02 10:57
grapefruitさん、ありがとうございます〜! grapefruitさんも大丈夫じゃないかと思ってくださいますか? 気が楽になりました。このブログでハリポタに関心をもつ人が増えたら、こんなに嬉しいことはありません。営利なんて考えたこともなかったのですが、やっぱりこのフランス学生のニュースにはビックリさせられました....。小心者なんです、私。
Emi
2007/11/02 11:00
grapefruitさん。ニュースから引っ張ってきた写真は承諾得ての掲載ではないのです...。これもマズイ? いけないかしらね...やっぱり。記事のサイトをリンクさせているので、いいかななんて思ってました。写真の下にお断りでも入れようかしら。
Emi
2007/11/02 11:01
ハーロックさん。すご〜〜〜〜い!
まるで弁護士さんみたい。弁護士さん、ですか??? すっごく頼もしいです。いろいろなアドバイスを書いていただいて、ありがとうございます。世の中には、いろんな著作権がらみの裁判やら訴えがあるものなんですね。ビル・ゲイツさんの場合、彼はここまでしないと収拾つかなくなると思って厳しい態度を示されたのでしょうね。なんといっても、ネットの世界ですもの。すごいやり手さんが現れることは目に見えていますから。ネットって便利だけど、落とし穴もたくさんですね。気をつけます。気をつけてても落とし穴(pitfall)にはまったら、そのときはまた悲鳴をあげて記事を書かせていただくかも! いざという時の対処法、胸に刻んでおきます!!!!
Emi
2007/11/02 11:05
よしさん、本当ですか??? なんて素敵な言葉でしょう。私は8年前まで英語はま〜ったく読めないし書けないし、.....いやまったくではなかったかもしれないな。ちょっとは読めた書けたという方が正しいかもしれませんが、本当に特別な存在ではありませんでした。英語が上達するコツ、それは『ミーハー』になることです(ハーミーじゃないですよ)。私の場合、それは映画でした。映画があったから英語が好きになりました。今はハリポタがすごいパワーになってます。一緒にこれからも英語でハリポタを楽しみましょう!
Emi
2007/11/02 11:11
Emiさんが、とても素直な方でよかったー!

実はコメントを書いた後もあんなことを書いて心配を煽ってしまったかもしれないし、気分を悪くされたのでは?と思っていました。
私も以前自分のHPに写真を掲載するにあたっていろいろと悩んで調べてみたのですが、
「出元がわかるように書いておけばいい」とか、
「元の掲載者に了解を得なくてはいけない」とか、、、
判別できかねることが多くて、今もその境界がわかりません。
多くのHPやブログでこのような写真掲載は行われているので問題性は低いのだろうと思いますが。
実際のところ、どうなんでしょうね?

このあたりはハーロックさんがお詳しいのではないかと思いますが、いかがですか?
grapefuit
2007/11/02 11:16
ハーミー(Hermione)になる(なりきる!)のも、英語上達の一つの手かも!
何しろ彼女は本を読みまくる!
時間戻しの砂時計を使ってまで、勉強しまくる! ですからねぇ。
冗談はさておき、映画の登場人物になりきってセリフを行ってみたり、歌手になりきって歌を歌ったり、声を出してやってると、英語しゃべり力はかなりつきます。
実際、私は「歌」でかなりしゃべり力をつけました♪
けんにぃ
2007/11/02 15:45
私は、Emiさんの応援団です。(光栄ですが、弁護士ではありません。Emiさんのお役に立ててうれしいです。)
grapefuit様 私は、一般の著作物(書籍、雑誌、WEB等)に情報を掲載する時は情報元の著作者氏名、作品(題)名、出版社名、を参考文献、注釈等の形で一筆入れれば良いと思います。例えば、私の最初の税金面からのコメントは、引き用として野口悠紀雄先生の知恵をお借りしております。−野口悠紀雄先生の「モノづくり幻想が日本経済をだめにする(ダイヤモンド社)P-200参照」。(「朝日新聞」−2006年7月26日付朝刊)−こんな具合です。
grapefuitさん参考になりましたでしょうか。
インターネット、特にGoogleに代表されるWEB2.0の時代の著作権の取り扱いはむずかしいですね。ブログ1つとっても一方は、広告よる宣伝・販売促進になり(アフィリエイト効果)、他方は著作権侵害にもなる−諸刃の剣−とはよく言ったものですね。Emiさんやっぱりあなたは偉い!ハリーをとうして英語だけでなく、著作権の勉強まで、皆さんを引き込んでしまうのですから!さすがEmiさん。心から応援しています。
ハーロック
2007/11/02 20:00
Emiさん。。。
前回コメントした後、Emiさんにブログを続けてほしいばかりに私の切なるお願いだけを押しつけて逆に負担をかけてしまったと反省しました。...ごめんなさい。
続けてほしいなら助けなきゃ!と思い私も調べました。仏16歳少年の記事から著作権、翻訳の範囲や著作物の引用・明記、あちこちのブログを廻って気分は額から額への肖像画です。よぉし!と思って見るとハーロックさん!
私がジタバタしている間にすばらしいです!
心強い!
薄いコメントする前でよかった(・・;)
でも気持ちだけは一緒です。
もともとコメント、苦手なのでこの件も落ち着いた頃を見計らってこっそりと(..;)
Emiさん、頑張ったね(^-^)
miki
2007/11/03 10:46
grapefruitさん、ご心配おかけしてしまってゴメンなさいね! でも、大丈夫(^^) とってもありがたかったんですよ〜。丁寧で貴重なアドバイスを蹴飛ばすような、そんな人にはなりたくないと常々思っています。人の意見を聞けないようじゃ進歩がないとは、父の名言(迷言?)です。写真については、その所有者の考え方ひとつという場合が多いようですね。
Emi
2007/11/03 22:36
けんにぃさん、歌われるんですね♪♪ 何がお好きですか??? 私は薬師丸ひろ子主演の「里見八犬伝」テーマソングを中学の頃に暗記しました。もっちろん英語ですよ(*^^*)
ジョン・オバニオンが歌ってました。
Emi
2007/11/03 22:38
mikiさん、ありがとうございます〜っ! いろいろ調べていてくださったんですね....(*^^*) なんて素敵な方でしょう。お気持ち、ガッシリ受け止めましたよ!
Emi
2007/11/03 23:13
私は、Billy Joelでした。彼の代表曲でもあるPiano Manで惚れて(私も少々ピアノをやるので)そこからどっぷり。
かなりの曲を歌詞カードなしでも口ずさめるようになった頃、英会話も自然に出てくるようになりました。とは言っても、使う単語は簡単なものばかりですけどね。
けんにぃ
2007/11/04 07:00
ハリポタ全世界経済効果2兆円以上!
11月1日のコメントでハリポタ全世界経済効果数千億円と記しましたが、改めて調査したところ、今現在、ハリポタの全世界経済効果は2兆円以上であることが分かりました。ここで訂正し、改めてご報告いたします。
詳細、全世界経済効果。 本3億冊以上で1兆円以上、映画4300億円以上、関連商品(DVD&キャラクターGOODS等)1200億円以上、総計2兆円以上。(まだ、各国翻訳版7巻、映画6,7、DVD5,6,7の発売を控えての数値です。)凄い!【データ出典元:ブログ「awabi日記」2007年7月15日<ハリーポッター>魔法の3億冊経済効果2兆円超(毎日新聞)[今日のニュース]より】ここで改めて、J・Kローリングさんの才能とクリエイティブな創作活動及びハリー・ポッターシリーズに対し心から敬意を評します。
Emiさんが著作権の事で、不安になった気持ちが良く分かりました。コリャ凄い経済効果ですよ。今回、Emiさんを含め本ブログファンの皆で、英語と、著作権の勉強をして良かったですね。私も勉強になりました。それにしてもローリングさんはスゴイ!尊敬します。
ハーロック
2007/11/04 19:47
ビリー・ジョエルですか〜。なんか渋い印象がありますね(ゴメンなさい、彼の楽曲をあんまり知らないんです)。
Emi
2007/11/04 22:39
ハーロックさん、このニュース桁が違いますね! なんてまたすごい経済効果。でも、そうでしょうね。私も映画は2回ずつ劇場で見てますし、洋書は2冊ずつ買ってますもの。ビンボー主婦のこの出費を考慮して、万が一にでも訴えるのだけは考え直してくださらないかしら(^^;)
Emi
2007/11/04 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ハリポタ」ネタバレ記事は違法? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる