「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 最新作「死の秘宝」の感想です 〜その2〜

<<   作成日時 : 2010/11/25 12:43   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2





早いもので、「死の秘宝」を鑑賞してから1週間が過ぎようとしてます。
面白かったな〜〜〜〜〜(*^^*)
来月くらいに、もう1度(...くらいは)観にいきたいなと思っています。
今度は台詞をじっくり聞きとりたいな。
まだ劇場に足を運んでおられない方も、まずは前作の復習をしてみられては?
今はブルーレイのDVDも出てますね。






ハリー・ポッターと謎のプリンス (2枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハリー・ポッターと謎のプリンス (2枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






今日は、オープニングで注目した俳優さんの演技について書きたいと思います。
場面は「マルフォイのお屋敷」。
洋書では、第1章のシーンでしたね。
マルフォイ家の屋敷に集まったデスイーター達は、ヴォルデモートとともに
秘密の情報を持ち帰るスネイプとヤクスリーを待っています。


さっそうと登場するスネイプ役のアラン・リックマンが、本当にかっこよかった!
もともと渋い演技に定評のある彼、このスネイプは適役でしたね。
ヴォルデモートを前にし、堂々と情報を提供する姿は、
「悪役」の位置づけながらシビレるかっこよさでした。
この第7巻では、スネイプがいろいろな顔を見せてくれることになっています。
パート1ではちょっと出番の少なかった彼ですが、
来年7月に公開されるというパート2での活躍が楽しみです。


目をひいたのは、ルシウス・マルフォイを演じた俳優さんの演技力でした。
この第7巻では「予言を奪う」策に失敗した責任を問われ、
これまでにない窮地に陥ってしまっているルシウス。
妻のナルシッサ、1人息子のドラコを守らねばならないのに、
それができないかもしれない不安...。
ヴォルデモートからくだるかもしれない厳しい裁きに怯え、びくびくしています。
この心情を、ルシウス役の俳優さんは本当に見事に演じています。
もう行くべき場所すら、
すがるものすら、
自分の信じるものすら崩れ去ってしまった男の哀れさを感じさせる、
実に実にすばらしい演技でした。
彼の演技があってこそ、ヴォルデモートの残虐さがより鮮やかになった気がします。




さあさあ、これからハリーを取り巻く環境がよりシビアになりますよ〜〜〜〜。




洋書でハリポタ第7巻を読んでみたくなりました???
2007年に書いたこちらの記事 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 にも遊びにきてください★




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Emiさん初めまして(^O^)
ブログ毎回楽しみにしています♪
今日やっとレイトショーでハリーポッター観てきます!!
めちゃ楽しみです☆
まだ日本語訳の本しか読んでいないですが、いつか洋書も読みたいなぁと思っています♪
これからもブログ更新楽しみにしてます\(^O^)/

ほり
2010/11/26 19:54
ほりさん、ありがとうございます!
レイトショーでご覧になったハリポタ、いかがでしたか???
Emi
2010/11/29 16:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
最新作「死の秘宝」の感想です 〜その2〜 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる