「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS ああ、勘違い! (疑問編)

<<   作成日時 : 2010/02/18 15:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5






ローリングさんが発明(?)した呪文の中には、私たちマグルの言葉をもじったようなものがあるということ、以前こちらの記事で書きました。











マグルのためのハリー・ポッター魔法百科
早川書房
デイヴィッド・B. マウサー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る









リデュクラス!





この呪文、どんな呪文だったか覚えてますか?
ヒント1:ルーピンが最初に教えてくれた呪文
ヒント2:変身妖怪ボガートをやっつけるのに効果的
...思い出しました?






ハリポタファン必見のこちらのサイトでチェックしてみましょう!

Riddikulus: Renders a boggart ineffective by making it silly. It requires the power of mind of the spell caster. For example, Neville sees the boggart in Prisoner of Azkaban as Professor Snape, whom he fears. After chanting this spell, “Snape” is rendered ridiculous by dressing him in Mrs. Longbottom’s clothes.



こんな風に訳してみました。
リディクラス:バカバカしくすることで、ボガートを無力化する呪文。呪文をかける人は、精神力が強くないとダメ。「アズカバンの囚人」で、ネビルの前では苦手なスネイプの姿にボガートは変身した。「リデュクラス」と唱えた途端、スネイプ(ボガート)はネビルのお婆さんの衣装を身につけた。



いつものことながら、力不足もあってあちこち意訳してま〜〜〜〜す^^;




私、この「リディクラス」の呪文、英語の  ridiculous から来ていると思っていたんですが、
ああ、勘違いしてたみたいです!!!









                           つづく







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
答えを書いちゃっても面白くないと思うので書きません。
(え? 負け惜しみじゃないかって?   ………苦)

ヒントは…似たようなもんですけど…日本人には難しい  ですかね。
けんにぃ
2010/02/18 23:43
さすが、けんにぃさん。。。って、
もしかして海外にいらっしゃるでしょう???
すごいすごい!
Emi
2010/02/26 09:28
はい、明日の朝までアメリカです。
明日のお昼のフライトで帰国予定です!
けんにぃ
2010/02/26 12:10
けんにぃさん、英語を話す機会はたくさんあったでしょう。私は英語を勉強し始めてからは海外に行ったことがないので、うらやましいです。。。
Emi
2010/03/05 09:40
たくさん どころか、ホテルで、レストランで
もちろん、職場で
日本人出向者以外と話す時は英語でしたからねぇ。
バンクーバー五輪も英語の放送で見てましたから。
けんにぃ
2010/03/06 09:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ああ、勘違い! (疑問編) 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる