「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり好きになれないなぁ。。。

<<   作成日時 : 2009/11/12 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15




「ハリー・ポッター」全巻制覇後、再び感動を味わいたくて読み返しています。
忘れた頃に手にとるマイペース型ではありますが、2回目になる「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」、相変わらず読み応え十分の作品です。







Harry Potter and the Goblet of Fire (UK) (Paper) (4)
Bloomsbury Publishing PLC
J.K. Rowling

ユーザレビュー:
本と一緒に聴けば、よ ...
ハリポタの世界に闇迫 ...
映画より断然面白い炎 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





328ページを読んでいて思いました。
やっぱりスネイプは好きになれないなって。
第7巻まで読まれた方の中には、もしかしたら未読の方の中にも、私のこの意見に反対される方はきっといらっしゃるでしょうね。スネイプって、ハリポタの中で本当に魅力的な(いろんな意味で)キャラクターですから。
でも、この場面を覚えてます?
誰かさんの陰謀により、ハリーが3校対抗試合の選手として出場することになってしまい、ロンとは仲違い状態、ハーマイオニーは側にいてくれるものの、ハリーのイライラは募るばかり。そこにきて、あの厄介なマルフォイが、セドリックを応援するバッジを見せびらかしながら、ハーマイオニーに向かって「Mudblood」などと暴言を吐きました。かっとなったハリー、マルフォイと魔法で対決! ....のはずが、マルフォイの呪文がハーマイオニーの顔に当たってしまい、彼女の前歯がびよ〜〜〜〜〜〜〜んと伸びてしまった、あの場面です。


スネイプがやってきて、何事だと詰問した際、ハリーが「マルフォイがハーマイオニーを!」と言ったのですが、そのとき、スネイプは冷たくこう言い放ったのです。



"I see no difference."
(違いがわからんな)



これって、あんまりでしょう。。。。
ハーマイオニーは目に涙をいっぱいためて、走り去っていきます。
スネイプの八つ当たりもいいところです。
マグル生まれだからということで、スネイプは彼女にことごとく冷たく当たります。


スネイプがハリーを嫌う理由はわかります。
ハリーの父親が嫌いだったから。
これは、個人に対する感情で理解できます。私だって個人的に苦手な人はいるし。

だけど、スネイプがハーマイオニーを嫌悪する理由は、本当にアホらしい。
ハーマイオニーが嫌な奴だというなら、わかります。
(もしかしたら、そうなのかもしれないけれど)
でも、彼女の出生が理由で嫌っているのだとしたら、本当にスネイプってヤな奴です。



私は、「○○人だから」「○○出身だから」という先入観に左右される人が本当に苦手。
確かに、そこで受けた教育とか環境とかによって人格は作られるのかもしれないけど、
その人自身を見もしないで、環境だけ見てダメだって、そりゃあんまり。


スネイプって魅力的だけど、このハーマイオニーに対する態度だけは....
好きになれないわ。








イギリス英語で聞く「ハリー・ポッターと不思議の国イギリス」
コスモピア
クリストファー・ベルトン

ユーザレビュー:
楽しい!同名エッセイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ハリー・ポッターの世界がわかる本―これさえあれば、10倍楽しい! (英語タウンInside Guideシリーズ)
アールアイシー出版
ローレン・マクラーナン シャノン

ユーザレビュー:
woot! this ...
おかげさまですっかり ...
乗り遅れてきた人にも ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
スネイプは7巻で、フィニアス・ナイジェラスが「校長!連中はディーンの森で野宿しています!あの『穢れた血』が・・・。」とハーマイオニー達の事を報告した際、「その言葉は使うな!」と言っています。
なので、いかにハリーの父親ジェームスに苛められていたとは言え、ハーマイオニーの生まれの事で八つ当たりはしていないと思います。
スネイプは、「私にはその違いがわからんな・・・。」と言っていたんですよね?
純血魔法使いも、マグル生まれも、その違いが解らんな・・・と言ったんですよね?
「穢れた血」は魔法界での差別用語です。言われた方は腹も立つと思うし、怒りもするでしょう・・・。
でも、そもそも、差別とはどういう風に発生するのかって事だと思うんですよね。穢れた血と言われて、怒っている間は、無意識に自分で自分を差別(区別)しているって事ですよね?
その表現方法に問題はあるにせよ。スネイプは、差別などしておらず、「その差を気にするな・・・」と言いたかったのでは?「そもそも、そんな差は無いのだから、気にするだけ(怒る行為そのものが)私には理解できん!」と言いたかっただけだと私は思いますよ。
何しろ、ハリポタは、スネイプを嫌っているハリーの視点で書かれている物語です。スネイプを良い人物像で書かれている訳が無いのです。
歩知
2009/11/12 14:29
歩知さん、こんにちは!
スネイプが「わからない」と言ったのは、「魔法で前歯が大きくなった? いや、前と変わらないだろう。前だって出っ歯だったじゃないか」の意味だと。
Emi
2009/11/12 16:57
追記(^-^ゞ

スネイプは、ネビルに対しても辛辣な態度をとってました。生まれは関係なく、ただ読者である私がちょっとセンシティブになってたのかも。

最終巻で、彼が「穢れた血と言うな」と言ったのは、過去の苦い記憶のせいなんでしょうね。
Emi
2009/11/12 17:16
なるほど。先程、確認したら、確かにEmiさんの言うとおりでした。
スリザリンへの贔屓が凄いですね。でも、その後のハリーとロンの描写を読むと、一時、険悪なムードだった二人の仲が、元に戻った様だったとありますね。
ハーマイオニーには、可哀相ですが、彼女を個人攻撃する事で、二人の仲が戻るならと、捻くれた愛情表現だったかも知れませんね。
自分で、マダム・ポンフリーの所に行っている位ですから、もしかすると、ゴイルと比べて、緊急性が無かったのかも・・・。
いずれにしても、ハーマイオニーには、災難でしたね。
歩知
2009/11/12 17:49

はじめまして、あやと言います。
いつも楽しく読ませていただいてます。

スネイプの行動の解釈は人それぞれだとは思うのですが、一つだけ。

あの場面、スネイプがハーマイオニーを自寮の生徒と同じように扱ったら?
ドラコがそれを父親に言ったら?
スネイプは決して二重スパイをしていることをバレてはならないのです。
危ない橋は渡らないに限ります。
ハリーは特別ですが、この点ではネビルもハーマイオニーもロンも変わりません。
スネイプは他の者(主にデスイーター)達に怪しまれないよう、スリザリンの寮監らしく、グリフィンドールを差別しなければならないのです。
……もちろん、やり過ぎ感は否めませんが。

乱文失礼しました。
あや
2009/11/12 20:48
私もあやさんのご意見に賛成です。
それに一つ付け加えさせていただくなら
マグル生まれで賢いハーマイオニーに、ほんの少し
リリーが重なって見えて複雑な思いがある・・・
と思うのはおセンチですかね?
SPNE(atsuko改め・・・です(#...
2009/11/12 22:07
スネイプのハーミーへのこの態度は、単純にハリーの仲間である事と、大嫌いなグリフィンドールの生徒だからなんじゃないですかね。
マグルを両親に持つ人物を、スネイプが嫌うわけがありません。
だって、大好きなリリーが、まさにそうですから。

性別&人数は違えど、ハリー・ロン・ハーミーと、ジェームス・シリウス・ルーピン・ピーターを重ね合わせていたんじゃないですかね。
けんにぃ
2009/11/12 22:12
「出っ歯」と「でしゃばり」は
日本語だと関連性があるのだけれど・・・。

確かにスネイプは
単純に本で得た知識だけをひけらかす
ハーミーのことは
ことさら厳しく接していた感じがありますね。
それにマグル出身と言えど
恵まれた境遇のハーミーに多少嫉妬してたのかも。
(両親が歯医者で比較的裕福で家庭が円満)
ぺぺ
2009/11/13 22:03
あと、もうひとつ。
I see no difference. って女心を全く理解していないセリフですね。そんなスネイプだから、リリーの気を引きたくて 一層闇の魔術に傾倒してしまったりしたのでは?
SPNE
2009/11/16 22:08
歩知さん、こんにちは!
ロンも最初はハーマイオニーのことがキライだったし、自分の知識をひけらかすところのあるハーマイオニーは、あまり好感をもたれるタイプではないのかもしれませんね(^^;)
Emi
2009/11/20 09:46
あやさん、コメントありがとうございます!
確かに! とても面白い、そして共感できるご意見です。私たち読者は最後の最後になって、スネイプがリリーの子であるハリーを護っていたことを知りました。このことは、けして闇の一派には知られてはいけない事実で、スネイプにはある程度の演技が要求されていたのかもしれません。。。
Emi
2009/11/20 09:47
SPNEさん、改名おめでとうございます(*^^*)
いえいえ、センチな考えではないかも! なるほどねと思いながら拝見しました♪
Emi
2009/11/20 09:48
けんにぃさんの考えは、いつもそうですが、本当におもしろい。単純にそういうことなのかもしれませんよね。私が深読みしすぎかも。固く結ばれた友人という関係が気に食わなかったのではというご意見、とっても面白いと思います!!!
Emi
2009/11/20 09:50
ぺぺさん、こんにちは!
出っ歯にでしゃばり、うん、日本語では語感がちょっと似てますね(^^;)
Emi
2009/11/20 09:52
SPNEさん、よくぞ仰ってくださいました! そうなんですよ、世の殿方! 「え? どっか変わった?」という台詞は、料理に関しても髪型に関しても禁句に近いほど思いやりのない言葉です(^^;)
でもね、きっと、男性にとってはどうでもいいことなんですよ。女性もあまり期待しないほうがいいのかも。
Emi
2009/11/20 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり好きになれないなぁ。。。 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる