「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 吠えメールは、誰からだった...?

<<   作成日時 : 2009/09/25 09:57   >>

面白い ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6




洋書だけでなく、ハリポタのオーディオブックものんびりペースで楽しんでいます。
第5巻の「不死鳥の騎士団」に突入しました。いやいや、おもしろい。
ハリーとダドリーがディメンターに襲われ、フィッグおばさんの存在が明らかになり、プリベット通りからハリーを追い出そうとしたバーノンおじさんの目の前に、ペチュニアおばさん宛ての吠えメールが届き....で、あれ? またナゾを発見。




Harry Potter and the Order of the Phoenix (Book 5, Audio CD)
Listening Library (Audio)
2003-06-21
J.K. Rowling

ユーザレビュー:
ExitingMy ...
大型本の洋書ハリポタ ...
苦しみのハリー私は『 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ペチュニアおばさんに吠えメールを送ったのは、誰?





いえ、実は私ずっと、送り主はダンブルドアだと思っていました。
どこかにそう明記してあったような気もするし、Remember my last, Petunia. のその意味は、赤ん坊だったハリーがペチュニアおばさんのもとに届けられたときに書かれたダンブルドアの手紙の内容をさしているのだと、なんでだかそう理解していたからなのですが。



でも、この後に、こんな英文があるのです。
ハリーが、ペチュニアおばさんに質問する場面です。



"Who was that Howler from? Are you in touch with wizards?"


こんな風に訳してみました。
「誰から届いたの? 魔法使いと交流があるの?」




おかしくないです?
吠えメールは、これまで数回、私たちの前に現れました。
思い出すのは、ロンが受けとったウィーズリーおばさんからの吠えメールです。
あのときは、大広間いっぱいにおばさんの大声が響き渡り、ロンもジニーも恥ずかしい思いをしたのでしたよね? 吠えメールを開封すれば、誰から届いたのかは、その大声でみんなにばれてしまうのです。
なのに、このペチュニアおばさんに届けられた吠えメールは、その声の主を明らかにしていません。
英文では、an awful voice としてしか紹介されていないのです。


なんでだろ〜〜〜〜、なんでだろ〜〜〜〜?

















もしかしたら、ダンブルドアは声を変えてはりーにばれないようにしたのかしら? 
じゃないと、ペチュニアとダンブルドアの関わりを疑われてしまうから。
吠えメールの録音がどう行われるのか知りませんが、声を変えることなんてわけないような気もします。イタズラで送られてくる吠えメールもあるのかも? 吠えメールの規制について魔法省がどう対応しているのか、ちょっと気になるところです。








グレート・フィルム・ファンタジー
ユニバーサル ミュージック クラシック
カンゼル(エリック)

ユーザレビュー:
いい演奏です!「St ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントいたします。atsukoと申します。
本題ですが、37章に謎ときがありますヨ。
ハリーも「あれは先生の声だった」って。
うちの娘(11歳)いわく
ペチュニアおばさんが、まさかダンブルドアから
吠えメールを受け取るとは予想もしないし
ダンブルドアのどなり声なんて聞きなれないから
わからなかったんじゃない?と。
ロンやネビルなら吠えメールの送り主を
簡単に予想するだろうし
送り主のどなり声も聞きなれているのでは?
atsuko
2009/09/25 18:05
あれは、ダンブルドアですよね。atsukoさんも書いていますが、第37章で出てきます。
私の伏線の旅のBlogにもしっかり書いてますので覚えてます。
ただ、ペチュニアがどのようにダンブルドアと関わっていたのか、Emiさんのおっしゃるようにmy lastは手紙のことなのか、は明らかにはなってないですね。
私は手紙だけでなく、直接、ペチュニアに何らかの接触があったのでは?と思ってます。
けんにぃ
2009/09/25 21:36
よく知る人物でも
普段聞けない感情の声は
多々あると思います。
しかも、これだけの短く
脅迫とも取れる文句だから
ハリーにはダンブルドアだと
分からなかったのだと思います。
ぺぺ
2009/09/26 00:32
astukoさん、ありがとうございます!
お詳しいですね! ちっとも覚えていませんでした...。第37章にあったのですね。やっぱり私には読み返しが必要です(^^;) 確かに、怒鳴り声だったから聞き取りにくかったのでしょうね。でも、ダンブルドアがそこまで怒鳴るなんて...想像しにくいなぁ。すごい形相だったんでしょうね、きっと
Emi
2009/09/28 17:35
けんにぃさん、さすがです。
my last はちょっと意味シンですよね。私は最初、死んでしまったリリーの声かなんて思いましたもん。「う〜ら〜め〜し〜や〜」の世界ですよね...。
Emi
2009/09/28 17:37
ぺぺさん、こんにちは! 確かに、怒鳴り声は耳になじまないでしょうね、特に温和そうなダンブルドアの場合は。う〜〜〜ん、気づきませんでした!
Emi
2009/09/28 17:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
吠えメールは、誰からだった...? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる