「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリーの祖父母は、今どこに?

<<   作成日時 : 2009/06/18 15:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6




ハリー・ポッター第4巻の読み返しをしているところです。
ストーリーを追っていて、ふとある疑問がアタマをよぎりました(性懲りもなく)。
ハリーはヴォルデモートに両親を殺され、ダーズリー家に引き取られることになりました。

....ハリーのおじいちゃん、おばあちゃんは、その時どこにいたのかしら?










Harry Potter and the Chamber of Secrets
Bloomsbury Publishing PLC
J.K. Rowling

ユーザレビュー:
Stephen Fr ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



今、第2巻のオーディオブックを聴いているところです(*^^*)
ロンに届いた「吠えメール」のシーンで、娘と爆笑してしまいました♪
映画よりも、う〜〜〜〜〜んと強烈な「吠え」です。あんなメールが届いたら、誰でも青ざめそう。












おっと、本題です。









もしかしたら、第7巻までのストーリーにヒントが残っていたのかもしれません。
私が読み落としていただけなのかもしれませんが、ハリーの祖父母の存在が気になりました。
確か(まだそこまで読んでいませんが)、第2巻に出てきた「みぞの鏡」のシーンで、ハリーは両親と親族の姿を目撃していたはずです。生まれてからこのかた、1度も自分の親族(ペチュニアおばさんとダドリー坊やを除いて)に会ったことがないハリー....。
ジェームズの両親も、リリー(&ペチュニアおばさん)の両親も、孫のハリーの誕生を知っていたはずです。なのに、どうして両家の祖父母とも、ハリーの物語にまったく登場しないのでありましょうか。じっと座ってはいられません。さっそく調査の旅に出かけてまいりましたッ。








お? さすが、Accio Quote!にこんな記述が! ローリングさんのインタビュー記事です。


Petunia and Lily's parents, normal Muggle death. James's parents were elderly, were getting on a little when he was born, which explains the only child, very pampered, had-him-late-in-life-so-he's-an-extra-treasure, as often happens, I think. They were old in wizarding terms, and they died. They succumbed to a wizarding illness. That's as far as it goes. There's nothing serious or sinister about those deaths. I just needed them out of the way so I killed them.


こんな風に訳してみました。
ペチュニアとリリーの両親は、マグルの病気で亡くなりました。ジェームズの両親は、ジェームズが生まれたときにはかなりの高齢でした。そういったわけで、1人息子のジェームズは、世間でもよくあるように、かなり甘やかされて育ったのです。ジェームズの両親は魔法界の年齢で年をかさね、それから亡くなりました。魔法使いの病気が原因で、人生をまっとうしたと言えます。祖父母らの死に、なんら深刻な事態も不吉な点もありません。ストーリー上、ハリーの祖父母に登場する機会はなかったので、「亡くなった」という設定にしました。



ジェームズが最初とてもわがままだった点が、これで説明つきましたね!
.....ということは、祖父母4人とも、ハリーが誕生する前に他界してしまっていたのでしょうか?







いつもお世話になっている





.....のサイトに行ってみました。
するとすると、まずジェームズの両親について、両親ともに1978年から1981年の間に死亡. と書いてあります! ということは、ジェームズが18歳になった後、ヴォルデモートに襲われるまでの間に他界しているということ。
ではでは、リリーはどうでしょう。
同じサイトにリリーの両親は1981年までに死亡とあります....。









そっか。











やはり、ハリーは、ペチュニアおばさん(そして従兄弟のダードリー)以外に、もう親族は誰もいなかったのですね。もし、ハリーの祖父母が生きていたら、可愛い孫の顔を見にやってくるはずですもの。ハリーの頑張りを、おじいちゃん、おばあちゃんは天国からずっと見守ってくれていたのでしょうね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ふむふむ、そうなのですか。
まぁ、祖父母(特にジェームズ側)が存命だと、ハリーがダーズリー家に預けられる と言うストーリーが成り立ちませんからね。
しかたない、か。
けんにぃ
2009/06/20 07:02
読み返ししなかったら、祖父母のことまでは考えなかったかもしれません...
まあ、もし存命だったとしても、リリーが護りの呪文をハリーに与えている以上、ペチュニアの力を借りることになったかもしれませんね! 
Emi
2009/06/20 09:30
リリーの護りの呪文は「血」によって護られるから、リリー側の祖父母でも良いんですよね。
と言っても、マグルって事には変わりないですが、祖父母ならばダーズリーのところよりか少しは暖かく迎えられたかもしれませんね。孫は可愛いでしょうから、例え魔法使いだとしても。
けんにぃ
2009/06/20 21:10
けんにぃさん
あ、そっか...。ペチュニアに預けられた時点で、もうハリーの祖父母はいないことがわかるんですね。ダンブルドアだって、何も意地悪なペチュニアに頼むより、優しい(だろう)祖父母に頼ったはず。

.....あ、でも、魔法界から出したくて、いずれにしてもハリーはマグル界に預けられたことになるのかしら。

Emi
2009/06/29 13:26
(なんかEmiさんとの会話になってますが… 汗)
ダンブルドアの第1の選択肢が「マグル界(魔法界の外)」だったのは、恐らく間違いないでしょう。

たしか、冒頭のマグゴナガルとの会話でそう言っていたと思います。(遠い記憶ですが)
けんにぃ
2009/07/01 21:00
けんにぃさん、いいではないですか!!! 会話しましょう。ダンブルドアは、「それが1番いい」と言っていましたね。有名人のハリーだから、うるさい魔法界から離れたほうがいいのだと。
Emi
2009/07/03 16:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハリーの祖父母は、今どこに? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる