「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 「知識も真実も何もない」 〜第1巻第12章

<<   作成日時 : 2008/07/06 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4




Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)
Bloomsbury Pub Ltd
J. K. Rowling

ユーザレビュー:
UK版とUS版の違い ...
感動この本を最初に読 ...
噂にたがわぬ痛快爽快 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ









ハリポタを読み返して、英会話に役だつ素敵な表現を探してみましょう。
世界的な大ヒット作「ハリー・ポッター」には、印象的な言いまわしや登場人物のセリフがた〜〜くさん出てきます。今日もお気に入りのひとつを、英文とともにご紹介したいと思います。
ハリポタ第1作目Harry Potter and the Philosopher's Stoneからです。







【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】
















英国版157ページに出てくる、ダンブルドアのこのセリフです。


However, this mirror will give us neither knowledge or truth.


こんな風に訳してみました。
「しかしながら、この鏡は、わしらにとって知識にも経験にもならん」

1) neither or (nor) ... どちらも〜ない
2) knowledge ... 知識、学問、経験



ここでチラッと文法のお話をしますね。
学校では neither の後にくるのは nor だと教わりますよね。「あれ?」と思って調べてみましたら、以前は or が使われていたのだそうです(ロイヤル英文法より)。今では誤法とされているのですが、ダンブルドアの年齢から考えると、この neither ... or ... という表現はとても自然に聞こえます。ローリングさん、これも計算に入れてのことでしょうか?
この章は、あの有名な「みぞの鏡」が出てきます。
ハーマイオニーの両親が歯医者さんであることも、この章ではっきりしました。ハリーはロンから魔法使いのチェスを教えてもらっています。ロンがチェスを得意としていることは、この後のストーリーの大切な複線になっていました♪
クリスマスのプレゼントにはりーがもらったのは、
・木製のフルート(ハグリッド)
・5ペンス(バーノンおじさん・ペチュニアおばさん)
・セーター(ウィーズリーおばさん)
・カエルチョコレート(ハーマイオニー)
・透明マント(?)

.........第7巻まで読んでしまった私たちにはわかっています。透明マントを送ったのは、ダンブルドアでしたね☆
この透明マントを使って、ハリーは「ニコラス・フラメル」について調べるために図書館に忍び込みます。そこで起こったのは、映画化された作品と同じですが、フィルチとスネイプから逃れるため、ハリーはある部屋に身を隠し、そこに置いてあった「みぞの鏡」に気づくわけです。映画とは違い、鏡の世界からハリーを見つめているのは10人もの人々...。とてもきれいな女の人(リリー・ポッター)、メガネをかけた背の高い男の人(ジェームス・ポッター)の姿に、ハリーは現実を忘れてしまうのでした。

この章にも、英会話に役だちそうなユニークな表現があります。
・You could have woken me up. (起こしてくれりゃよかったのに)
・Quick! (急いで!)
・Can I ask you something? (質問していいですか)


ダンブルドアは、透明になる魔法を心得ていることも明らかになっています。「透明マントがなくても透明になれるんじゃ」と言っていましたね。さすがです。ハリーに、
「先生は鏡の向こうに何が見えるんですか?」
そう聞かれたダンブルドアは、
「わしか? もこもこした羊毛の靴下を持っておるのが見えるわい」
なんて答えていましたが、真実はどうも違っていたようですね。後々、第6巻でダンブルドアがあるポーションを飲み干したときの姿を目撃していたハリーが、ダンブルドアの本心をそっと口にしていたように思います....。









Harry Potter and the Philosopher's Stone

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このみぞの鏡の場面、私好きです。なんだか哲学的ですよね。映画での鏡を見つめるハリーの姿が目に焼きついています。
で、ちょっとお恥ずかしい質問なのですがダンブルドアはどうやってマントを使わずに透明になれるんでしたっけ?どこかにありましたっけ?どんな呪文を使ったとか、ダンブルドアだけが使える魔法があったとか・・・?
話は違いますがもうじき日本語版の発売ですね。自分の訳と比べるのが楽しくもあり怖くもありってとこです。
まめ
2008/07/06 23:29
まめさん、こんにちは★
ある情報では、2巻にInvisibility「隠れ術」なんていう魔法が登場するようです。まだ調査中です♪
Emi
2008/07/07 08:39
ダンが鏡の中で見たもの。
Emiさんの文章を読んで、久しぶりに思い出し胸がギューっと締め付けられました。
とても切ないんですよね。
ふぅ、こんな所の伏線があの場面で出てくるとは、ですよね。
けんにぃ
2008/07/08 19:59
けんにぃさん、お久しぶりです〜〜〜。切ないですよ、このシーン。当時はダンブルドア校長の過去なんて考えもしないで読んでましたからね...。
Emi
2008/07/11 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「知識も真実も何もない」 〜第1巻第12章 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる