「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 「くつろいでくれや」 〜第1巻第8章

<<   作成日時 : 2008/05/23 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4






Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)
Bloomsbury Pub Ltd
J. K. Rowling

ユーザレビュー:
UK版とUS版の違い ...
感動この本を最初に読 ...
噂にたがわぬ痛快爽快 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






ハリポタを読み返して、英会話に役だつ素敵な表現を探してみましょう。
ファンタジー小説「ハリー・ポッター」には、印象的な言い回しや登場人物のセリフがた〜〜くさん出てきます。今日もお気に入りのひとつを、英文とともにご紹介したいと思います。
ハリポタ第1作目Harry Potter and the Philosopher's Stoneからです。







【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】
















英国版104ページに出てくる、ハグリッドのこのセリフです。


Make yerselves at home," said Hagrid, letting go of Fang, who bounded straight at Ron and started licking his ears.


こんな風に訳してみました。
「ゆっくりしてってくれや」
ハグリッドは言うと、ファングを離した。自由になったファングは、ロンを目指して飛びかかり、耳をぺろぺろなめ始めた。


1) let go of ... 離す
2) bound ... はずむ




ハグリッドの英語にはクセがあるので、イメージしながら読む必要があります。yerselves は、正しくは yourselves なんですね。話し言葉では、確かに、your よりも yer って感じに聞こえます。
Make yourself at home. というのは、お客様にくつろいでいただくときの決まり文句です♪

この章では、スネイプとハリーの関係がしっかりと描かれています。それはそれはスネイプ先生、意地悪なんです。「やってるな〜」と思いながら読んでいたら、今後のストーリーの伏線か?と思える一節を発見しました。スネイプ先生が、予習のまったくできていないハリーに向かって、延々と説教をたれるシーンです。
「ベゾアールとは、ヤギの胃から取り出される石のことだ。おおかたの毒からはやられずに済む」
これって、あの巻のあの章で、ハリーがロンの命を救った石のことですよね!
英和辞典を調べてみますと、実際にこの「石」は解毒剤として使用されていたのだとか。結石なら人間の体内にもできるはずなのに、ヤギちゃんからばかり失敬するなんて、ちょっと可哀想じゃない?




参加しています♪

  
















Harry Potter and the Philosopher's Stone

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに。これは作者の、先を見越した伏線ですね。
ハリー・ポッターシリーズには、こういうものが意外に沢山ありますよ。

             謎のプリンセス
謎のプリンセス
2008/05/23 14:29
Emiさん、こんにちは♪
ハグリッドの家も言葉遣いもお人柄も、、ハリー達のみならず私までもが寛いだ気分になってしまいます。ファングは普通の犬なのかしら。。思いっきり'単なる犬'っぽいですよね。(実はヨダレでconversation!なんて流石に言いませんよ)さて、ベゾアール石ですが、どこぞやのpubのマスター所有のヤギさんからも(お腹を切らずに魔法で)石を取り出せたとしたら、、そしてパブやホグワーツ内での有事に備えて、マスターが備蓄していたとしたら、、アバフォース氏がcool guyに見えてきちゃいます^^; ifづくしのお耳(目?)汚しで失礼しました★
thewlis
2008/05/24 00:54
謎のぷりんせすさん、こういった伏線の発見は、読み返しの醍醐味でもありますね♪ 2回目もかなりおもしろいです。
Emi
2008/05/27 08:36
thewlisさん、こんにちは! ハグリッドの言葉使いも、かなり私の感情が入ってます(どこの出身ですか?って感じですね)
ファングは普通の犬かどうか....う〜ん。考えたことありませんでしたが、もしかしたら、ちょっと変わった犬なのかもしれませんね。臆病って性格だけはわかってますが、他にもすごい特徴があるのかも!
Emi
2008/05/27 08:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
「くつろいでくれや」 〜第1巻第8章 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる