「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 「選ばれなかったら、どうしよう」 〜第1巻第7章〜

<<   作成日時 : 2008/05/09 13:12   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6



Harry Potter and the Philosopher's Stone (Harry Potter) Harry Potter and the Philosopher's Stone (Harry Potter)
J.K. Rowling (2001/10/08)
Bloomsbury Publishing PLC
この商品の詳細を見る






読書って大好きです。
素敵な言葉が見つかるし、洋書を読めば英語の勉強もできるから。
世界のヒット作となったファンタジー小説「ハリー・ポッター」にも、印象的な登場人物のセリフがた〜〜くさんありますが、今日もお気に入りのひとつを、英文とともにご紹介してみたいと思います。
ハリポタ第1作目Harry Potter and the Philosopher's Stoneからです。







【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】
















英国版90ページに出てくるハリーの心情をあらわす英文です。


What if he wasn't chosen at all?


こんな風に訳してみました。
もし、どの寮にも選んでもらえなかったら?

1) What if? ... もし〜ならどうしよう?
2) chosen ... choose(選ぶ)の過去分詞





懐かしいですね〜〜〜〜。
「ハリー・ポッター?」
生き残った少年として有名なハリーが入学してきたことで、ホグワーツ魔法学校は一気に騒がしくなります。一斉に注がれる視線を感じながら、不慣れな大広間で組分けを待っているハリーの心臓はバクバク状態。でも、念願かなって、ロンと同じグリフィンドールに入れたのでしたね♪
この組分け、どの寮にも選んでもらえない新入生が果たしているのかどうかは謎ですが、中には組分け帽子を想いっきり悩ませてしまう生徒もいるようです。トーマス・フィネガンは、1分近くも帽子をかぶっていなければならなかったそうで。お世辞にもキレイとは言えない年代ものの帽子ですもの、判断が下るのを待つのもなかなか辛そうです....(^^;)





参加しています♪

  
















Harry Potter and the Philosopher's Stone

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Emiさん、初めまして♪「どの寮にも選ばれなかったら・・」ハリー少年は期待より不安のほうが大きい様子ですね。後々には、こんな心配をしている少年もいましたね→「もしスリザリンだったら・・」よく似た2人の対比がおもしろいですね。それとアーサーによると、脳みそがないのに勝手に考える物は信用できないそうな。ならば組分け帽子のsortに間違いがあったとしても許してあげなくては・・ですね^^ 3年生あたりでクラス替えがあると、また別のおもしろさがありそう。
thewlis
2008/05/09 16:08
そう言えば「組分け帽子」ってその起源がどこかに書いてませんでしたっけ。
グリフィンドールに関係してなかったかなぁ。
thewlisさんのクラス替え 面白いですね。フリーエージェント制度みたいに、成績が良かったら好きなクラスへ、なんてあったら、どこかに集中しちゃうんだろうか。
けんにぃ
2008/05/12 07:36
thewlisさん、こんにちは!
けんにぃさんも書いておられますが、3年生のあたりでクラス替えというのは、これは最高のアイデアですね。でも、組分け帽子が大変そう....。
Emi
2008/05/12 16:57
けんにぃさん、組分け帽子は、グリフィンドールの所有物だったんですよ。どこに(最初に)書いてあったかは記憶があいまいですが、第7巻には記載があったと思います。
Emi
2008/05/12 17:03
お久しぶりです。覚えているでしょうか?
私事ではありますが下の子供が幼稚園に入り時間の余裕が出来てきました。Emiさんのブログもこれからゆっくり読めると思うので嬉しい限りです。今後も楽しみにしていますね。
thewlisさんの組替えのコメントを読み7巻33章でのダンブルドアのセリフを思い出しました。"I sometimes think we Sort too soon..."
スネイプ先生に言った言葉です。
Emiさんも記事で書かれていましたがとても意味の深い感動的な言葉ですよね。組み分け帽子が人格を決めるのではなく自分の本質を決めるのは自分の生き方の結果なんですよね!

2008/05/15 18:21
楓さん、お久しぶりです〜〜〜〜。お元気ですか? ゆっくりお時間がとれるとのこと、私もとても嬉しいです。ぜひぜひ遊びに来てくださいね。ダンブルドアのそのセリフ、意味深ですよね〜〜〜。そして、とても重たいです。
Emi
2008/05/16 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
「選ばれなかったら、どうしよう」 〜第1巻第7章〜 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる