「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法省にある「ベール」の起源は?

<<   作成日時 : 2008/02/08 13:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



思いついたときに、思いついたまま書いていきます「Harry Potter」 のトリビア記事です。今日は、魔法省の神殿部にある「ベール」の謎についてです。




Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
J.K.Rowling (2007/07/21)
Arthur a Levine

この商品の詳細を見る









【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】
















ハリポタ必読のサイト「Accio Quote!」に、ローリングさんのこんなインタビュー記事が紹介してありました。




The veil's been there as long as the Ministry of Magic has been there, and the Ministry of Magic has been there, not as long as Hogwarts, but a long time. We’re talking hundreds of years. It's not particularly important to know exactly when, but centuries, definitely.


こんな風に訳してみました。
魔法省と同じくらい昔から、ベールはそこにあったの。魔法省は、ホグワーツ魔法学校の歴史ほど古くはないんだけれどね。何百年もと言ったほうがいいかしら。(ベールが)いつ創られたのかについては、あまり重要なことではないの。ただ、何世紀も昔にさかのぼるものであることは間違いないわ。

1) particularly ... とりわけ
2) centuries ... 何世紀も昔に



そんなに古いんだ〜〜〜〜。
でも、なんのために今も魔法省に存在しているのか気になるところですが.......



It's just studying. The Department of Mysteries is all about studying. They study the mind, the universe, death…


こんな風に訳してみました。
研究のためよ。神秘部が担当しているの。精神や宇宙、死について調べているわ。

1) study ... 調査・研究する
2) universe ... 宇宙



魔法使いには不思議な力があり、見ようによっては彼らが私たちマグルの社会をコントロールしているように思えます。が、実は魔法を自由自在にあやつる彼らにもわからない未知のパワーがあって、古からずっと研究されてきているんですね。ベールの謎は、今もなおベールに包まれたまま....。まるでエジプトのピラミッドやマチュピチュの遺跡のようではありませんか。精神の神秘、死の神秘、この世界には人間の知能を超えた不思議ミステリーがいっぱいです♪ 
 





参加しています♪

  













Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うぅぅ.....ここ、参加したぃです;
誘われますぅ.....ふぅ.....
仕事の奴めぃ!
早く終わらせてまた来ますぅ(T-T)
miki
2008/02/08 14:03
mikiさんったら(*^^*)
は〜〜〜い、いつでもお待ちしています♪
Emi
2008/02/11 17:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
魔法省にある「ベール」の起源は? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる