「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ優勝カップが、ポートキーになっていたのか!? 第2弾

<<   作成日時 : 2008/02/29 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7



思いついたときに、思いついたまま書いていきます「Harry Potter」 のトリビア記事です。今日は、ハリポタ第4巻Harry Potter and the Goblet of Fireに登場する三校対抗試合の優勝カップが、なぜポートキーに替わっていたのか!?についての謎解き第2弾です。




Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
J.K.Rowling (2007/07/21)
Arthur a Levine

この商品の詳細を見る









【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】
















ハリポタ第4巻の三校対校試合に登場した優勝カップがポートキーに変えられていた事実についての記事に、貴重なコメントをた〜〜〜〜くさんお寄せいただきました。まだまだ調査の必要があると痛感し(大げさ?)、あちこちの英語サイトを読みあさった結果.......



ハリポタ必読のサイトHarry Potter Wikiに、こんな記述がありました。




On the 24th of June, the Third Task was to navigate a maze grown on the Hogwarts Quidditch pitch. The maze was populated by various obstacles and dangers that each Champion had to overcome. Crouch Jr, as Professor Moody, was entrusted with placing the Triwizard Cup at the center of the maze. While doing this, he enchanted the Cup to be a Portkey that would be activated by touch.


こんな風に訳してみました。
6月24日に実施された三番目の試練とは、ホグワーツのクイディッチ競技場に仕掛けられた迷路を通過することでした。迷路には、あらゆる障害物や危険がひそんでおり、挑戦者はそれを克服しなければなりません。ムーディに化けていたクラウチ・ジュニアは、迷路の真ん中に優勝カップを置いてくる仕事を任されていました。任務を遂行中、彼は優勝カップをポートキーに変え、触れると作用するように仕組んだのです。

1) populate ... 構成する
2) entrust ... ゆだねる




けんにぃさんがコメントしてくださっていたように、確かに会場はクイディッチの競技場でしたね〜〜〜〜。第5巻以降は特に、かなり記憶があいまいになっていることに気づきます。
このサイトでわかること。
・優勝カップには、もともとポートキーの働きはなかった
・優勝カップは、迷路に設置されるときにポートキーに変わってしまった

そして、このサイトではまだわからないこと。
・本来、誰かが優勝カップを手にしたら、どうなっていたのか
・もともとポートキーではなかった優勝カップにその機能があることを、なぜ後で現れたジェイムズは知っていたのか


調査には、まだまだ時間を要しそうです.......。




参加しています♪

  













Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
第2弾がアップされてたんですね;
また長いコメントを第1弾にしたので重くなっちゃいますね。すみません;
全然大袈裟なことじゃないです!調査の価値大です^^
話が飛びますが。
たとえば今は4巻の謎解きですが、伏線等の絡みで4巻以前や以後の内容が含まれるコメントをする場合、読んでない方に配慮して、前もって警告した方がいいですか?(対象巻以外の、何巻の内容も含まれてますみたいに)
この前の5巻のセリフが実は7巻を読み終えてはじめて真相に思い当たる、みたいな内容は後で気付くからおもしろいんであって5巻は読み終えてても、6巻以降まだの方が読んでしまったら、申し訳なかったかな......とコメントした後思ったんです;
miki
2008/02/29 13:20
mikiさん、確かに!
記事を訂正しているんでご安心ください。このブログでは思いのまま謎解きをしちゃいましょう!
Emi
2008/02/29 13:34
はい!^^
miki
2008/02/29 13:58
第2弾拝見しました。まだまだ探索しないと、ほんとのところは見えてこなさそうですね。
ところでポートキーの話ではないのですが、第1弾のコメントのところで議論されていた、スネイプは計画を知っていたのではないか、という意見、私は逆に知らなかったと思っています。スネイプがわかっていたことは、闇の印が戻ってきていること。つまりヴォルデモートがいよいよ復活するであろうことまでではないかと思っています。懐疑心いっぱいのヴォルデモートは復活前はワームテールとクラウチJrとしか連絡とってなかったと思います。復活後墓場にデスイーターを召集して、初めて復活を知らしめ、そこで「永遠に俺様の元を去った」と言われたのがスネイプではないでしょうか?6巻初めのベラとの会話でも、召集から2時間後に参上して説明したと言ってたし。
haru
2008/02/29 21:01
「スネイプはヴォルデモートの計画を知らなかった」は、そうですね^^;
ヴォルデモート復活前と最終巻のスネイプの記憶の中の時期を勘違いしてました。
すぐに訂正したつもりなんですけど、だいたい‘知らなくても大丈夫’なんて、わけのわからん文章も伝わりにくいものでしたね。
Emiさんもお忙しい時間帯でしたので、私に惑わされたままお返事をしてくれたのだと思います。 
それこそ本当に混乱させちゃいました。
紛らわしいコメントをしてごめんなさい。
miki
2008/02/29 23:46
haruさん、そうですね.....
ちょっと勝手に盛り上がってしまいました。でも、ホントにホント、ダンブルドアがジュニアに気づかないのは不思議だと思いませんか?(しつこい....)
Emi
2008/03/02 20:32
mikiさんってば(*^^*)
Emi
2008/03/02 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ優勝カップが、ポートキーになっていたのか!? 第2弾 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる