「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS ベラトリクスを倒したウィーズリーおばさんの呪文とは?

<<   作成日時 : 2008/01/07 10:56   >>

驚いた ブログ気持玉 500 / トラックバック 1 / コメント 12



思いついたときに、思いついたまま書いていきます「Harry Potter and the Deathly Hallows」 のトリビア記事です。
今日は、第7巻第36章に登場した、ウィーズリーおばさんとベラトリクスの壮絶な決戦シーンで登場した呪文にまつわる謎解きです。




Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
J.K.Rowling (2007/07/21)
Arthur a Levine

この商品の詳細を見る









【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】














第7巻第36章に、こんな場面があります。








「もう二度と......わが子に.....指1本......触れさせる.......もんですかッ!」
ウィーズリーおばさんが叫びました。
ベラトリクスが笑いました。シリウスを殺したときと同じように....。でも、次の瞬間、ウィーズリーおばさんの呪文がベラトリクスの心臓を直撃! ベラトリクスの顔から笑みが消えました。目を見開き、ぱったりと床に倒れます。





ウィーズリーおばさんが、ベラトリクスに呪文をかけるこの場面。英文ではこうなっています。




Molly's curse soared beneath Bellatrix's outstretched arm and hit her squarely in the chest, directly over her heart.


1) soar ... 舞い上がる
2) beneath ... 真下に
3) squarely ... 真っ向から

こんな風に訳してみました。
モリーの呪文がベラトリクスの伸ばした腕の下に飛んでいき、その胸に直撃した。まっすぐ、心臓めがけて。





以前ご紹介したシリウスを倒した呪文の記事にも書いているように、ウィーズリーおばさんがベラトリクスめがけて投げた呪文は「失神呪文」だろうと私は思っていました。




ところが、どっこい。
















膨大な情報量を誇るハリポタファンサイト『マグルネット』にウィーズリーおばさんの呪文についての、こんな仮説が紹介されているのです。






When one of Bellatrix's killing curses missed Ginny by a mere inch, Molly Weasley entered the fray, shrieking "NOT MY DAUGHTER, YOU BITCH!" The ferocity of Mrs. Weasley's duelling seemed to catch Bellatrix by surprise, and, though she taunted Molly, she was hit by a deadly curse (most probably Avada Kedavra) mid-laugh (in a fashion reminiscent of Sirius's death) and died, her death enraging Voldemort.


1) fray ... 争い、騒動
2) shriek ... 叫ぶ
3) ferocity ... 凶暴性
4) taunt ... あざける
5) reminiscent ... 連想させる

こんな風に訳してみました。
ベラトリクスの死の呪文がジニーを危うくかすめたとき、モリー・ウィーズリーは「娘になんてことを! このアバズレ!」と叫びながら戦いに飛び込んできました。凶暴性に満ちたウィーズリーおばさんの戦いぶりに驚いたようですが、それでも彼女をあざけっていたベラトリクス。が、死の呪文に倒れてしまいます(おそらくアバダケダブラでしょう)。笑みを浮かべたままであったことから、シリウスの死と重なります。ベラトリクスの死は、ヴォルデモートを激怒させました。






うっそ〜〜〜〜〜。アバダケダブラなの!?
ジニーの前だからこそ『死の呪文』は使わなかったんじゃないかって、私はずっと思っていたのですが、よくよく英文を眺めてみますと、直前に You bitch! なんて汚い言葉を叫んでもいますし、多くの方がコメントしてくださったように、平常心ではなかったのかもしれませんね。死の呪文を娘ジニーに浴びせたベラトリクスに、目には目をという形で応戦してしまった....と考えるのが妥当かも。
でもでも、やっぱりウィーズリーおばさんが「アバダケダブダ!」と唱える姿は想像できない〜〜〜。映画化されたら、どんな風に彼女の呪文は処理されるのでしょうね。興味あります。
今回ご紹介したマグルネットの英文はローリングさん自身の言葉ではありませんので、まだ『死の呪文』なのかどうか確証はもてないと思いますが、謎を解き明かすひとつの答えとしてハリポタ情報の引き出しにおさめておきたいと思います。




参加しています♪

  













Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハリポタの謎を考える
「ハリー・ポッターと死の秘宝」を読み終えたみなさん、お疲れ様でした♪ ここは、壮大なるファンタジー小説の余韻を楽しみながら、これまでのストーリーで不思議に思ったことなどをあ〜だこ〜だと話しあうハリポタファンのページです。 ローリングさんのインタビュー記事(英文)を和訳してご紹介したりもしています。 第1巻から第7巻のネタバレが登場しますので、未読の方はご注意ください! ...続きを見る
「ハリー・ポッター」で English ...
2008/01/07 11:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私が気になってたのは「前夜祭」の本にも書かれていますが、死の呪文を受けた時の倒れ方です。モリーが放ったcurseでベラはその場に倒れたので"アバダケダブラ"だったんだろうなーと思いました。だけど、シリウスの時は「優雅な弧を描き」ベールの向こうへ倒れました。(映画では吸い込まれていくような感じでしたが、本では飛ばされてそれがハリーにはスローでそう見えたと思うんです)死の呪文を受けたものは地面に崩れ落ちるはずです。なのでベラは死の呪文、シリウスは失神呪文(すなわち死因はベール)を受けたと思います。ただ、ダンブルドアの時はどうなのか?スネイプに明らかに"アバダケダブラ"を打たれ空中に飛びました。ここからは私の考えなのですが、二人の間に殺人の約束があった事が一因じゃないかなと。つまりマグル界でいう「嘱託殺人」です。マグル界でも刑が軽くなるように魔法界では魂が傷付きにくいんだろうなと思ったり。スネイプがダンブルドアに死の呪文を打った時、"完全な"殺意はなかったはず。
みさと
2008/01/07 16:36
魔法界では、呪文を唱える時に心理状態や背景が左右することが多く、ボガートを退治する時も滑稽なものを思い浮かべたり守護霊を呼び出す時は幸せな思い出を浮かべたり。強い殺意がなかった為通常の死に方とは異なり、ダンブルドアは崩れ落ちる事なく飛ばされたのではないのかな。もっと言うと、本当は死の呪文は正確に作用せず塔から落ちたことでダンブルドアは死んだのかもしれません。死体を見つけたとき目は閉じられていたし。これはローリングさんがダンブルドアとスネイプの間に何かあると教えてくれたヒントでしたが、逆にダンブルドア生存説へ繋がってしまったのではないかと思います。そう考えると、当然ベラとシリウスの間で嘱託殺人の約束は考えられないのでベラが死の呪文を放ったのならシリウスはその場に倒れると思うんです。弧を描いたのならやっぱり失神呪文なのかなーと。でもこれはあくまで私の考えなので、楓さんやmikiさんのご意見でローリングさんが「あら、シリウスが打たれたのは死の呪文よ」と言っても動揺しない覚悟が出来ました(笑)私の中でまだまだハリポタ七不思議が眠っているので、みなさんと一緒に意見交換できたらなーと思っています。
みさと
2008/01/07 16:36
本題とはズレてしまうのですが(前置き)
ハリーたちが魔法を学ぶ中で、呪文を唱えることなく魔法を放つ事を学んでいた事が、私の頭からずっと離れないんです。
ここから少し発展させると、口で違う呪文を唱えながら、杖からは本当に放ちたい魔法を放つ事も、達人の域の魔法使いには出来るのかなと。
スネイプがダンブルドアに呪文を放ったとき、口では「アバダケダブラ」と言いながら、実は異なる呪文を放っていたのではないか、と思っていました。
モーリーについては、娘を、子を守る母親の本能として、理性がぶっ飛んだのでしょうね。
けんにぃ
2008/01/07 21:42
モリーが怒り狂う気持ちが痛いほどわかってしまう・・・。私も子供の前だろうと死の呪文を使ってしまうと思います。大切な我が子の命を奪おうとしたベラを、仲間の命を奪った憎い相手を前にしたら・・・。
モリーの怒りが、母の愛が、アバダケダブラを唱える事になったと思えて切ないです。
久しぶりにハリポタワールドにトリップしました。
ウゥゥゥゥ・・・・。
ぴよぴよ
2008/01/08 14:21
本当に、みさとさんの読みは深い....。
シリウスの倒れ方、死の呪文とはちょっと違いますものね。「炎のゴブレット」が映画化されたとき、死の呪文を受けたセドリックは、ぴょ〜〜〜んと空を飛びましたが、本ではその場にぱったり....になってます。映画を見ると混乱しちゃいますね(^^A)
あと、ダンブルドアの場面ですが
『死体を見つけたとき目は閉じられていたし。これはローリングさんがダンブルドアとスネイプの間に何かあると教えてくれたヒントでしたが、逆にダンブルドア生存説へ繋がってしまったのではないかと思います』
そうですね〜〜〜。ただ、手か足がかなり不自然に折れ曲がっていたと描写されていたと思うので、そこで「死んじゃったんだ」とわかりますね。
Emi
2008/01/10 21:48
まぁ、けんにぃさんったら! また新しい推測をたてられましたね! う〜ん、これはおもしろい。死の呪文を唱えていながら、違う効果をもたらす呪文を操るとは。
でも、第7巻で、ダンブルドアが「私を殺せ」と指示しているので、間違いなく死の呪文だったかもしれませんねえ.....。
Emi
2008/01/10 21:51
ぴよぴよさん、母になって読むハリポタは、また格別だと思いませんか??? 年をとるって素敵なことだと思います。子ども時代の悩みや青春時代の恋愛、母性愛などなど、経験から得たものを背景に、いろんな文学作品を共感しながら楽しめますもの。
Emi
2008/01/10 21:56
映画だと石化して砕けるという死の呪文より恐ろしい事になってます。
あああ
2011/07/22 13:55
あああさん、ありがとうございます!
そうでしたね。
あの映像もなかなかに恐ろしかったです。
Emi
2011/07/26 16:06
あの作しゃがいっていた書き直しした跡に死を免れた人物と死ぬ運命じゃなかった人物って誰だったんでしょう
さら
2012/03/27 15:24
さらさん、すっかりお返事が遅くなってすみません!
私の記憶もあいまいなのですが、確かウィーズリーおじさんは最初「死ぬ運命」にあったようです^^; でも、おじさんを失ってしまうと、親を失ったロンが大人びてしまう結果になってしまうだろうから、そのまま「生かしておいた」と何処かで読みました。死ぬ運命でなかったのは、、、ちょっと調べ直してきますね(-_-;)
Emi
2012/05/31 16:28
あああさんが仰ってるように
映画だと石化→粉々ですよね
ペトリフィカストタルス→レダクト的な。
あぁ無言呪文ってかっこいいって思った瞬間です。
上の記事の
“笑みを浮かべたままであったことから、シリウスの死と重なります。”
ここ読んだとき泣きそうになりました・・・
シリウス〜うわああん泣
でも原作と映画は異なりますからね
皆さんが言っているようにモリーもフレッドが殺された後だからアバダくらい簡単に使いそうですよ
確か女狐とも叫んでいませんでしたっけ?
mimi
2014/03/09 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベラトリクスを倒したウィーズリーおばさんの呪文とは? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる