「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS ジニーは「特別な魔女」だった!?

<<   作成日時 : 2008/01/21 16:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 1 / コメント 14




思いついたときに、思いついたまま書いていきます 「Harry Potter」 のトリビア記事です。今日は、ジニー・ウィーズリーにまつわるお話です。




Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
J.K.Rowling (2007/07/21)
Arthur a Levine

この商品の詳細を見る









【第7巻未読の方は、ネタバレにご注意ください】










みなさん、覚えてますか? 第1巻に登場した頃のジニーのことを。
「ねえ、ママ! 汽車に乗って(ハリーを)見てきたらダメ? お願い♪」
な〜んて、キングスクロス駅で甘え声をだしていた小さな女の子でした。
ハリポタ前半では特に、内気で儚げな少女という印象が強かった彼女ですが、実はすぐれた能力を秘めた「特別な魔女」だったとしたら、あなたは驚きますか?







膨大な情報量を誇るサイト「Accio Quote!」に、J.K.ローリングさんのこんなインタビュー記事が掲載されています。






JKR: The backstory with Ginny was, she was the first girl to arrive in the Weasley family in generations, but there's that old tradition of the seventh daughter of a seventh daughter and a seventh son of a seventh son, so that's why she's the seventh, because she is a gifted witch. I think you get hints of that, because she does some pretty impressive stuff here and there.


1) in generations ... 何世代もの間
2) that's why ... そんなわけで〜だ
3) here and there ... あちこちで

こんな風に訳してみました。

ジニーについての裏話だけれど、彼女はウィーズリー家にとって何世代にも渡って久しぶりに誕生した女の子だったの。「7番目の子」という古い言い伝えがあるんだけど、ジニーも7番目に生まれた子どもだったわけ。とっても有能な魔女なのよ。読者にも彼女の才能が伝わっていると思うわ。だって、ジニーはストーリーのあちこちで素晴らしい力を見せているから。









なんとなんと西洋では、「7番目の子ども」に特別な才能があると信じられているそうなんです。ローリングさんのインタビューでは、7番目の娘または7番目の息子という内容になっていたので、同じ性別であることも特別であるための要素なのかもしれませんが、とにかく7番目に生まれた子どもはスペシャルだそうなんですよ〜〜〜。おもしろいですね♪
そういえば、「オオカミと7匹の子ヤギ」で助かったのも7番目の子ヤギでした。今まで深く考えたことなかったけど、これは7番目が有能だという言い伝えに関連があるのかもしれません。

ホグワーツ学校でのジニーの成績がどうだったか、以前このブログのコメント欄で盛りあがったこともありましたが、学校での彼女の評価は不確かにしても、魔女としての才能はどうやらピカイチのようです。そうそう、第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」でも、ダンブルドア軍団の防衛術レッスンで、ジニーは難しい呪文「レダクト!」を披露して、周囲をびっくりさせていましたね!
美人で有能で機転が利いて、選ばれた魔女ジニーですもの。英雄ハリーの恋の相手として、これは不足ありませんな(*^^*)
 
 





参加しています♪

  













Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハリポタの謎を考える
「ハリー・ポッターと死の秘宝」を読み終えたみなさん、お疲れ様でした♪ ここは、壮大なるファンタジー小説の余韻を楽しみながら、これまでのストーリーで不思議に思ったことなどをあ〜だこ〜だと話しあうハリポタファンのページです。 ローリングさんのインタビュー記事(英文)を和訳してご紹介したりもしています。 第1巻から第7巻のネタバレが登場しますので、未読の方はご注意ください! ...続きを見る
「ハリー・ポッター」で English ...
2008/01/21 16:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ほほぅー!コヤギの話でまた納得!そうかも。たしかにクイディッチでもロンより上手だったし、呪文の使い方も飲み込み早かったですよね。いつだかけんにぃさんも言ってましたが、ジニーが期待されるなか、映画のキャスティングがどうなんだろう。ルーナがメチャクチャかわいくて、ハーマイオニーも凄く綺麗になったし。いまいち華々しさがないと思うのは私だけかしら?ゴメンネ、ジニちゃん。
ぴよぴよ
2008/01/21 18:17
ジニーが男の子にモテだしたのが4巻くらいなので、たぶん2巻のヴォルデモートに取付かれた経験で3巻(二年生)の間にそのショックを乗り越えて4巻になってその経験が彼女を精神的に強くして、もともと自分の中にあった魅力や才能を引き出したんじゃないかと私はにらんでいます。そして勇敢でユーモアのあるリリーと似ていてハリーを支えて理解してくれる最高のパートナーだと思います。
6巻の映画では今までの映画よりびっくりするくらい魅力的に変身して現れることを楽しみにしています。彼女は磨けば輝くと思います。二人に負けないくらいに。
まめ
2008/01/21 22:47
Emiさんが引用してくれているローリング女史の発言からすると、ただの「七番目の娘/息子」ではなく、「七番目の息子の七番目の息子」または「七番目の娘の七番目の娘」と言っているんですよね。( there's that old tradition of the seventh daughter of a seventh daughter and a seventh son of a seventh son,)
でも、いろいろ調べてみても、ArthurもMollyも「七番目の娘/息子」じゃないんですよね。
ジニー(Ginevra Weasley)が正真正銘の「七番目の娘」なので、Harry & Ginevraが7人子供を作ってその「七番目」が娘だったら、Gifted Childなのかもね。
ローリング女史自身が、GinnyもGifted Witchと言っているので、「七番目」と言うだけでも、凄いのかも知れませんが。
(つづく)
けんにぃ(その1)
2008/01/22 00:31
(つづきました ♪)
「7」と言う数字は「3」に匹敵するくらい、神秘の数字として世界中で扱われているようです。
西洋では、ラッキーセブンもそうですし、ヨハネの黙示録の門の数も、7つ。白雪姫の小人も7人♪
日本でも、七草、七福神、
その他にも、曜日は7、神秘の星座「北斗七星」
元素記号の7番目「N:窒素」は地球上に一番存在する「気体」でもありますし、アミノ酸等にも含まれ、すべての生物に必須の元素でもあります。(う〜、元素オタクまる出し 笑)

音階もドレミファソラシの7音
サイコロの表と裏を足すといつも「7」

それから、それから

レッズ入団の高原の背番号「7」
ドラゴンボールのシェンロンはボールが「7」つ
ウルトラマンセブン 

おっと、調子乗りすぎました。
けんにぃ(その2)
2008/01/22 00:34
西洋にはそんな言い伝えがあるんですねー。初めて知りました。確かに"7"は縁起のいい数字ですよね。ハリポタの中でも7はマジカルナンバーとしてヴォルデモートも7つの魂切断にこだわったし、ホグワーツも7年制だし。ウィーズリー家にはなかなか女の子が生まれなかったみたいですが、ロンとハーマイオニー、ビルとフラーの間にも女の子が生まれたしウィーズリー家に優秀な魔女がこれからたくさん増えていきそうですね。ジョージとアンジェリーナの間に生まれた子も女の子なのかな?でも、7人も子供を産むって大変ですよね!そんな大家族ちょっと憧れちゃうけど、今はなかなか7人兄弟っていないですよね。
みさと
2008/01/22 21:59
私も「レダクト!」の所で,ジニーが優秀な魔法使いであることを確信しましたが,でも7人目,ということには注目がいきませんでした。こんなに偉大な意味を持つ数字だったとは・・・。
お母さん(Molly)が優秀な魔法使いでありながら,いつもバリバリ活躍するわけでは無いように,"おとなしげに見えて実は凄いんだよ〜ん"という位置づけなのかしら,くらいにしか感じていませんでした。奥が深いですね。いつもいつも勉強になります!
mimi
2008/01/23 13:12
ローリングさんとハリーが七つ目の月末生まれで、強力な魔法数字が7だとか、ハリポタが全7巻、ウィーズリー家には7人の子がいる大家族と、7が好きなローリングさんのこだわりの数字だと思っていました。
作者はジニーを特別な才能のある魔女さんにしようと、最初から位置づけてた思って良いのですよね^^
個人的にジニーは大好きな子なのでとっても嬉しい情報です♪
私はジニーの得意技は、こうもり鼻糞の呪いだと思っていたので「レダクト」に切り替えなきゃ^^;こっちの方がかっこいぃですもんね。
miki
2008/01/23 16:46
ぴよぴよさん、実は私、ジニーを演じているボニー・ライトの隠れファンなんです(*^^*) 大丈夫、彼女ならきっと「ジニー」を魅力的に見せてくれますよ♪
Emi
2008/01/24 21:50
まめさんのご意見に、私も100%賛成ですッ。ボニー・ライト、がんばって〜〜〜〜♪ みんな、チョウ・チャンとのときより期待してますもんね、きっと。
Emi
2008/01/24 21:54
けんにぃさんったら(--;) ウルトラマンセブンで、思い切りコケてしまいましたよ〜〜〜〜。おもしろいことに、今日イギリス出身の女性にこの言い伝えを聞いてみたら、「知らないわ。ローリングが創造したんじゃないの?」ですって。あんまり有名な話じゃないのかしら???
Emi
2008/01/24 22:00
みさとさん、私も7月生まれなんですよ(関係ないか)。母は7人兄弟なんです。6番目の次女として生まれたのですが、若い頃は霊感があったそうな。
Emi
2008/01/24 22:03
mimiさん、ありがとうございます〜〜〜。ネビルのように、どんどん変わっていくキャラクターって魅力的ですよね! 意外性があるのも素敵。たくさんの登場人物を、どれも丁寧に描いてある筆力には脱帽です。
Emi
2008/01/24 22:08
はっはっは! mikiさん、確かに! ローリングさんも以前、インタビューで「ジニーは好きなキャラクターだ」と告白しているようです。
Emi
2008/01/24 22:09
確かにジニーは凄くかわいいし内に秘めた能力を持っているし、本を読んでいてもジニーが特別だなぁと感じます
yumiko
2011/05/02 10:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジニーは「特別な魔女」だった!? 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる