「ハリー・ポッター」で English Time

アクセスカウンタ

zoom RSS 第7巻 第13章 The Muggle-born Registration Commission

<<   作成日時 : 2007/09/23 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3




Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US) Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(US)
J.K.Rowling (2007/07/21)
Arthur a Levine

この商品の詳細を見る





                  【ネタバレ注意です】




第7巻 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 これまでの目次




第13章のあらすじ

魔法省に侵入することができたハリーたちだったが、思いもよらぬアクシデントが発生し、3人とも別行動をとることになってしまう。なんとかアンブリッジのオフィスを探したハリーだったが、ロケットは見つからない。日を改めて出直そうと、ハーマイオニーがいるはずの法廷に向かったハリー。魔女を尋問中のアンブリッジが、当のロケットを身につけているのに気がつく。呪文で対抗し、ロケットを手に入れたハリーとハーマイオニーは、ロンと合流し、魔法省からグリモールド・プレイスへと脱出しようとしたのだが......。




第13章のはじまり

第13章は、こんな英文ではじまります。

"Ah, Mafalda!" said Umbridge, looking at Hermione. "Travers sent you, did he?"


こんな風に訳してみました。
「あら、マファルダ!」 アンブリッジは、ハーマイオニーに言った。「トラバーズがあなたをよこしてくれたのね?」

1) Mafalda ... マファルダ(ハーマイオニーが変身している魔女の名前)

どうにか侵入した魔法省、ロンと別れることになってしまった2人の前に、ロケットをもっていると睨んでいた張本人のアンブリッジが現れた! アンブリッジと会話していたのは、新しく任命された魔法省大臣。うさん臭そうな男です。
どうやら今からマグル生まれの魔法使い達の登録委員会が開かれるようです。アンブリッジは手にしたクリップボードを眺めながら、
「今日は、10人。そのうち1人は、魔法省に勤務する役人の妻ときてるんですからね! チッ、チッ.....。あろうことか、魔法省の中でなんて!」
可哀想なハーマイオニー、彼女もマグル生まれなので、正体がばれてしまったら即刻裁判にかけられてしまうに違いありません。状況が状況なだけに、どうすることもできず、ハーマイオニーは不安な面持ちでアンブリッジとともに法廷へと向かうのでした......。




第13章がわかる英文チェック

次の4つの英文を読めば、この章がなんとなくわかるかも?


Now Hermione was stuck in court proceedings, which would undoutedly last hours; Ron was struggling to do magic that Harry was sure was beyond him, a woman's liverty possibly depending on the outcome; and he, Harry, was wandering around on the top floor when he knew perfectly well that his quarry had just gone down in the lift.


メチャクチャ長いです! がんばって、こんな風に訳してみました。
今やハーマイオニーは、間違いなく何時間も続くであろう裁判の手続きのために身動きがとれず、ロンは、ある女性の自由を左右する結果のために、間違いなく彼の能力を超えた難しい魔法(...とハリーは思っている)に悪戦苦闘しなければならず、そして彼、ハリーは、ねらっていた獲物がエレベーターで降りていってしまったことを知っていながら、最上階のフロアをうろうろする羽目になってしまった。

1) proceeding ... 手続き、議事
2) last ... 続く
3) outcome ... 結果
4) wander around ... 歩き回る
5) quarry ... 獲物

それでも、ハリーはアンブリッジのオフィスを探します。途中、マグル生まれを激しく非難するパンフレットが大量に作成されている現場を目撃します。忙しそうに働いている魔女の1人が
「あの老いぼれ魔女って、1日中マグル生まれを尋問する気?」
と悪口を言いました。
「気をつけろ」 とたしなめる魔法使いに対し、魔女はこう反論します。
「なによ。あの女、目だけじゃなくて耳まで取り付けたっていうの?」
なんということでしょう.....! マホガニーの扉があり、ちょうどマグルの玄関にあるのぞき窓のあたりに、見慣れたマッド・アイのマジカルアイが取り付けられているのです。やな女、アンブリッジ。彼女はイカれています。このマジカルアイを使って、部下達がちゃんと仕事をしているのかどうかチェックしてたんですね。
さあ、これで、第5章でビルが目撃したというマッド・アイの死が決定づけられてしまいました。きっとデスイーターを通して、アンブリッジは彼のマジカルアイを手に入れたのでしょう。死者に対する敬意など、この女に説いても意味がなさそうです。

オトリ爆弾を使って、ハリーはアンブリッジのオフィスに忍び込みます。マジカルアイを取り外し、ポケットにしまった後、「ロケットよ、来い!」と呪文を唱えますが、何事も起こりません。引き出しを調べていると、ウィーズリーおじさんのファイルを見つけます。


アーサー・ウィーズリー
身分:
  純血種ながら、許されざるマグルびいき
  不死鳥の騎士団メンバー
家族:
  妻(純潔種) 子7人 うち末2人はホグワーツ在学中
  注...末弟は、重病のため自宅療養中 魔法省検査官が確認済
安全対策:
  監視を要する
  重要有害人物とみなされるNo.1 が連絡をとる可能性あり
  (ウィーズリー家の滞在歴あり)


252ページにあるウィーズリーおじさんのファイルに、NB という単語が登場します。この NB は、リーダースで調べてみましたら、Note Well の略語のようです。『注意せよ』という意味ですね。勉強になりました。
ファイルにあった No.1 がいったい誰のことをさすのか、ハリーには見当がついていました。案の定、引き出しをさらに調べてみると、自分のポスター(指名手配用?)が出てきます。胸のあたりに大きく書かれた No.1 の文字....。ポスターの隅っこには、ネコの絵が描いてあるメモ用紙がくっついていました。そのメモには、アンブリッジの筆跡で『罰せられるべき』とあったのです。これまで以上に、アンブリッジに対する激しい怒りを覚えるハリー、.........とそこに、人が入ってきました! 間一髪、ハリーは透明マントを被ります。なんとかばれずにオフィスの外に出ることができ、ハリーは思いました.....。



Their priority now had to be to leave Ministry before they were exposed, and try again another day.


こんな風に訳してみました。
今、自分達の優先事項は、正体がばれてしまう前に魔法省を脱出し、また日を改めて挑戦するということだ。

1) priority ... 優先事項
2) be exposed ... さらされる

ハリーは、ロンとハーマイオニーを探しに行きます。運良く、びしょ濡れになったロンに会うことができましたが、ばったり出会ったウィーズリーおじさんから水浸しになったオフィスを直す呪文を教えてもらうと、「ありがとう、お父さん」と言いそうになった自分を何とかごまかし、ロンは再びヤクスリーのオフィスへと急いでいきました。ハリーはただ1人、ハーマイオニーがいるであろう法廷へと向かいます。
すると、そこには.....。



The dark passage outside the courtrooms was packed with tall. blackhooded figures, their faces completely hidden, their ragged breathing the only sound in the place.


こんな風に訳してみました。
法廷の外は薄暗く、大きくて、黒いフードを被った影があちこちにあった。その顔は完全に隠れ、不規則な彼らの呼吸音だけが、その空間に響いていた。

1) courtroom ... 法廷
2) ragged ... 不規則な

ragged の訳し方については、チビさんからアドバイスをいただきました。ありがとうございます♪
廊下にずらりと並んだマグル生まれの魔法使い(魔女達)は、ディメンターを見まいとするかのように手で顔を覆っています。ハリーは透明マントを被っていますが、ディメンターはなんとなく気配を感じるようで、ハリーは落ち着きません。彼らの横をすり抜け、法廷へと入るハリーは、アンブリッジの隣に顔面蒼白で座っているハーマイオニーを見つけました。ヤクスリーも一緒にいます。ハーマイオニーにそっと耳打ちし、自分の存在を伝えるハリー。魔女(レグの奥さん)が尋問されている最中、ハリーは探し求めていたロケットが、アンブリッジの首にさがっているのを見つけました。
「それ、素敵ですね....ドロレス」
ロケットのついたペンダントをほめられたアンブリッジは、とんでもない返事をします。



"Oh yes...an old family heirloom," she said, patting the locket lying on her large bosom. "The S stands for Selwyn...I am related to the Selwyns.... Indeed, there are few pure-blood families to whom I am not related..... A pity."


こんな風に訳してみました。
「あら、これね。古くから伝わる家宝ですの」 アンブリッジはそう言うと、大きな胸にかかったロケットをパタパタと叩いた。「S は、セルウィンの S ですのよ。わたくし、セルウィン家につながりがありましてね....。まったく、血縁関係にない純血一族がほとんどいなくなってしまって.....。嘆かわしいこと」

1) heirloom ... 家法
2) bosom ... 胸
3) Selwyn ... セルウィン(英国に実在した人の名)

ウソばっか。
アンブリッジの言うセルウィンですが、該当者かなと思える人物が2人います。
1人は、英国の才人と呼ばれ、政治家であったジョージ・セルウィン(1719-91)。
もう1人は、英国の聖職者であるジョージ・セルウィン(1809-78)。同名じゃないの! ケンブリッジ大学のセルウィン・カレッジは、彼の名誉をたたえて設立されたものなのだそうです。
アンブリッジは、尋問されている魔女の実家の職業をバカにしはじめました。頃合を見て、ハリーはアンブリッジに身動きがとれなくなる呪文を唱えます。硬直し、額を手すりの縁に打ち付けてしまうアンブリッジ、彼女のパトローナス(ネコ)が消え、ディメンターが暴走!!
ハリーは自分のパトローナス(牡鹿)でその場をしのぎます。ディメンターの大群に対抗するため、アンブリッジからロケットを奪ったハーマイオニーも、どうにか自分のパトローナス(カワウソ)を呼びだすことができました。

まだポリジュースの効果は残っています! ハリーはハーマイオニーとともに、尋問されることになっていた魔法使い(魔女)たちを魔法省の出口まで導きます。ロンとも合流、ところが、アンブリッジのオフィスのドアにあったマジカルアイがなくなっていることが発覚! しかも、ポリジュースの提供者になっていた本物の魔法使い(ロンが変装していたレグ)が現れ、事態は混乱!
「出口を閉めろ!」 とヤクスリー。
「出口を空けろ!」 とアルバート(ホントはハリー)。
なんとかレグの奥さんも魔法省の外に脱出させることに成功し、さぁグリモールド・プレイスに逃げるぞというときになって.....!!



第13章のおわり


第13章は、こんな風に締めくくられています。

ハリーは、蛇のドアノッカーがついたグリモールド・プレイス12番地のドアを見た。だが、息を吸い込むその前に、悲鳴が聞こえ、紫色の閃光が見えた。突然、ハーマイオニーの手がぎゅっとハリーの手をつかみ、そして、再びすべてが暗闇に包まれた。
 


これで第13章は、終わりです。
いつも読んでくださっているみなさん、ありがとうございます♪
日本語訳など、カン違いがありましたら、どうぞ遠慮なくお知らせください。
ハリポタ大好きというみなさんのご感想、心からお待ちいたしております。




参加しています♪

   






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
訳で気にされてた部分についてコメントです。
raggedは、僕のお気に入りのロングマン英々辞典で、4番目の意味として、Not Regularという説明と共に、ragged breathingというまさに同じ例文が載っていました。つまり、通常の規則正しい周期的な呼吸と異なる、不規則な乱れた呼吸ということですかね。

後、ドロレスのロケットをほめたのは、直前に彼女に資料を手渡した、マファルダに扮したハーマイオニーかなと思いました。ハーマイオニーもドロレスのそばに来て初めてペンダントに気づいたし、尋問されてたキャタモール夫人のところからは、高低差や距離もかなりありそうな感じだったので。

チビ
2007/11/04 13:02
チビさん、ありがとうございます〜〜! 私もロングマンの英英を持っていますが、その解説も例文もありませんでした(--;) アメリカン版だから? アルクさんの英辞郎で調べたら、ありましたっ! 「不規則な」、これがピッタリきますね♪ 記事を訂正しておきます。例のごとく、チビさんのお名前をご紹介させてくださいね。
Emi
2007/11/04 22:47
おっと、もう1点。
確かにチビさんのおっしゃるとおり、ここは「ハーマイオニー」が she のようです。具体的に書いてはないけれど、文脈や設定から考えると、そのほうがしっくりきますね。う〜〜ん、代名詞って便利だけど、ややこしい〜〜。記事を書き直します♪
Emi
2007/11/04 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
第7巻 第13章 The Muggle-born Registration Commission 「ハリー・ポッター」で English Time/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる